四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室

【第4回目講義(初級編)】
   一問一答集   質疑応答集   実例診断集   質問メール送信
  四柱推命用語辞典 【あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
第4回目講義

通変星 比肩について
通変星 劫財について
通変星 食神について
通変星 傷官について
通変星 偏財について
通変星 正財について
通変星 偏官について
通変星 正官について
通変星 偏印について
10 通変星 印綬について


おすすめサイト

生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い

性格はしぐさ・癖・見た目で一瞬でわかる

人相による結婚相手の選び方

素敵な彼の心をつかんでステキな結婚をしよう

結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座

男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう

モテる男・女の恋愛メールテクニック

男を引き寄せる恋愛指南

しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう


   8 正官について

              日干と正官との関係について
日干
(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)
正官
(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)



【正官の特質】


【重要ポイント】
正官は、日干を陰陽配偶で剋す関係(例:日干甲から辛をみるよ
  うな場合)の通変因子でありますが、日干と陰陽和合する関係か
  ら「有情の剋」と言われています。

自分を正しく剋す「有情の剋」とは、自分からすれば規律束縛を受
  けることであり、これは何も法律による規制をさしているだけではな
  く、先祖から正しく規律される場合なども含まれます。
  この結果、長男の役割を担い、家を後継するとか、あるいは、会社
  の後継者として社長になるような意味もあります。
  日干が正しく剋されるということは、地位、名誉、権力につながりや
  すく、しぜん社会的に良い立場におかれやすく、先祖や父母の恩恵
  が厚いです。

 ■ 日干を有情で剋すとは、日干(自分自身)が横道に外れないよう、正
  しい方向に教え導く因子の働きをすることであり、この結果、正官のある人
  は、正義感と道徳心が発達し、反省心などが強いのも特徴であります。
  自分自身のわがまま、奔放さを、道徳を垂れて情によって忠告助言してくれ
  る関係でもあり、この正官によって克己心とか自制心が養われ、反省心の
  厚い人となります。
  国にあっては、憲法や法律に該当する因子でもあります。

 ■ 正官があって、その働きが良好な人は、優等生タイプの人で、誠実、几
  帳面で、勤勉実行形の人ですが、やや形式ばることと、石橋を叩いて慎重
  になりやすいです。

 ■ 女性の場合、正官は夫の因子であり、この正官が良好に働けば、良い
  夫に恵まれるとみます。
  正官が夫の因子になるのは、妻は夫に正しく律せられて夫にしたがうという
  のが、原始の姿であるからです。
  偏官および正官とも夫の因子と見ますが、正官は正夫であり、偏官は偏夫
  とみます。ただ偏官があって正官がないばあいには、偏官を正夫とみますが、
  カルテ内に正官と偏官がともにあれば、異性関係に問題を生じやすいとみま
  す。



(1)正官の性質

【重要ポイント】
人間の性質は、月支通変星で7割、日支通変星で3割の割合
  で強く働くと見ます。
月上通変星は、うわべの性質とか、見た目の性質をあらわしていま
  す。
 

@ 温厚篤実、品行方正で、万事につけて細心緻密で入念に事を処理
 する人です。

 ◇ 正官は自分を正しく規制するところから、何ごとも真面目に取り組み、上
  手の手から水を漏らさないように、あらゆる方向に手を打って、仕事にしても
  私生活にしても失敗しないように石橋を叩いて臨む人です。

A 理屈が先行して、空気が読めず、面白味のない人です。
 ◇ 非常に理屈っぽい人で、何ごともきちっとしていないと気がすまず、相手に
  もそれを求めようとします。
 ◇ 仕事でも自分の価値基準に合わせて、相手を従わせようとしますが、そ
  れが相手を不愉快にさせたり、また相手が考えている以上に仕事の段取り
  を詰めようとしますので、相手に嫌がられます。
  この結果、周囲の空気が読めず、浮いたような存在になりやすいです。
 ◇ 四角四面で、ユーモア精神が不足し、周囲を楽しませようとするようなこ
  とはできず、肩の力を抜いた交際ができない人です。

B 秘密主義で、やや冷たい人です。
 ◇ 自己を剋す関係から、たとえ親しい仲になっても、自分のことは積極的に
  しゃべらず、秘密主義になってしまい、冷たい印象があります。
 ◇ 仕事などでは、真剣に真面目に取り組むため、周囲からの信頼は厚いで
  すが、物事を柔軟に考えることが苦手なため、人情とか、人を思いやる気持
  ちが少し欠け、冷たい印象を与えます。
 ◇ 自分がこうしようと決めたら、自分がそのことにとらわれすぎて、周囲が見え
  なくなり、自縄自縛にかかります。


※ ここから以下の正官の性質については、正官の意味するものが理解で
 きやすいように、いろいろ重複した表現はありますが、イメージトレーニング
 形式で記載していますので、しっかり正官のイメージを自分のものにしてく
 ださい。(いちいち暗記したり覚える必要はないですよ。)


◇ 温厚篤実、品行方正で、万事つけて入念にことを処理し、細心で用
 心深いです。
◇ プライドが高く、信義と名誉を重んじ、見栄っ張りなところがあります。
◇ 内向性人間で、温厚、平和主義、漸進主義的で、判断力は豊かで
 す。
◇ 保守的、常識的、集団的、原則的、主流的で、思い切りが悪く、地
 位や名誉にこだわります。
◇ 案外欲は深く、しぶとく慎重で、堅物で融通性に欠けやすいです。
◇ 約束を守りますが、要領は良くなく、神経は繊細です。
◇ 目下の教育が厳しいかやや陰険ぎみか、変わったこともしないし、ヘンな
 人物を好まない。
◇ 穏やかで落ち着いた雰囲気がありますが、意外にガメツイです。
◇ 堅実で確実性を狙うか、何ごとも分別よく、管理業務などに能力を発
 揮します。
◇ 温厚でリーダーシップがありますが、保守的性向が強く、頑固に古風を
 貫きます。
◇ 温和で落ち着きがあり、道理を重んじ僥倖を求めないです。
◇ 抗争を好まず、協調性に富みますが、名誉を重んじ、権勢欲が旺盛
 です。
◇ 自他の肩書きを意識する。
◇ 表面はやわらかいですが、内心は意外に頑固です。
◇ 自尊心を傷つけられると大いに立腹します。
◇ 動より静を好み、深謀遠慮型で、何ごとにも根気よく対処します。
◇ 部下にたいし愛情が深く、統率力や指導性にすぐれています。
◇ 保守・封建主義的で、そのうえ気が弱く内気で意外に細かいです。
◇ かたくなで、なんでも中途半端を嫌います。
◇ 官星が多い場合 身勝手になりやすいです。
◇ 常識的で外見にこだわりり、しぶとく慎重です。
◇ 堅物で融通性に劣り、執着心が強く、集団的です。
◇ 陰気なタイプが多い傾向があります。
◇ 割り切りが悪いうえに、要領が悪いです。ただ約束などはきちっと守りま
 す。



(2)正官の働きが悪い場合

正官が太過して強すぎる場合

 ◇ 引っ込み思案で周囲を気にし、気分は専一性を欠き、絶えず萎縮して
  決断力に乏しく男らしさに欠けます。強いものには絶対服従して、ひたすら
  おべっかを使います。
 ◇ 自分より弱いものには権力を振りかざし威張りたがる人です。そしてやたら
  に肩書きを欲しがり役職等には必要以上の執着を示し、町の名士になりた
  がります。
 ◇ 事業をしても大成することはなく、一生失業の域を出ることはできません。
 ◇ 家庭では完全に家長面をしますが、いったん困難なことが出現しますと、
  その解決を他に依存して弱点を家族の前にさらします。



正官が弱すぎる場合

 ◇ 性質は愚鈍にして誠実性が薄く才気も乏しいです。また反抗心が強く他
  人との和を保つことができず、孤独に陥りやすいです。
 ◇ 何かと新しいことをやりたがりますが、統率力、説得力に弱いため、独りよ
  がりに終始し、失敗の憂き目を見ることが多いです。
 ◇ それでも自己反省することが少なく、その責任を他に転嫁し名利を得るこ
  となく不平不満の一生を送りやすいです。
 ◇ 家庭では子に恵まれることが少なく、あっても賢良の子とは言えません。


(3)月支正官の能力発揮の方向性

 ◇ プライドが高く肩書きに執着しますので、人に頭を下げて相手に何かを頼
  むような仕事はできないため、公務員、教育者、学者など堅実な仕事に適
  性があって、その方面で能力を発揮するでしょう。

 ◇ 組織の中で出世することを第一義と考えていますので、出世街道を上が
  るごとに仕事に対するモチベーションは高まります。

 【適性・適職】
  ・ 政治家、法律家、裁判官、弁護士、判事などの司法や行政関係の
   仕事
  ・ 設計業、造船業、建築業、土木業などの分野


(4)月支正官の恋愛の方向性

 ◇ 男女とも、温厚篤実で礼儀正しいため、当然、恋愛においても相手の耳
  もとで愛を囁いたり、こまめにキスをして、愛情を確かめ合うようなことは苦手
  です。

 ◇ 甘いムードづくりをして恋愛を楽しむような人ではないため、相手の恋人に
  よっては面白くない人だと印象を与えることもありますが、無理に恋を盛り上
  げて演出させようとしても、あなたには肩の荷が重いので、あなたの真摯な
  態度を見せるほうが良いでしょう。

【ポイント】
女性で、日支や月上に偏官がありますと、多情で何人も恋人がい
  ないと落ち着かない人がいますので、留意してください。


(5)日支正官の配偶者のタイプ

 【男性】

 ◇ 良妻賢母型で、家政の処理などは安心して任せられる責任感の強い女
  性を好みますが、付き合うにはちょっと地味で羽目を外さないような生真面
  目な女性です。

 【女性】

 ◇ あまり面白みはありませんが、品行方正で真面目な男性を好みます。



(6)月支正官のお金の取り扱い方

 ◇ 非常にきまじめで手堅い生き方を目指していますので、ギャンブルをすると
  か遊びにお金を遣うようなことはせず、無駄な出費はしないため、ややケチの
  部類に入るでしょう。

 ◇ 経済観念も発達していることから、お金も大切にしてそこそこは貯めるでし
  ょうが、同僚との付き合いも大事に、時には、ファッションに凝るとか、ギャンブ
  ルや遊びでパッとお金を使うすべも知っておきましょう。

 ◇ 堅物な人間では誰も相手にしなくなりますし、お金の使い方を知らない
  人は、いくら優等生であってもつまらない人間に見られますよ。

 (金運アップ)

 ◇ 石橋を叩いて渡るような堅実な人生を目標としているので、投資とかギャ
  ンブルなどには手を出す人ではありませんので、大きなお金を貯めるようなこ
  とはできなくても、小金は残るでしょう。間違ってもリスクのあるような危険な
  賭けはしないことです。


実 例 診 断

 以下の実例では、性格のポイントだけ記載しています。

1 1965年(昭和40年)8月6日 生時不明 女性

  
【月支正官、日支偏官で官殺が混雑している事例】

 ■ 命式の解説
  ◇ 月支に正官と日支に偏官が並び、女性としては良好な形態にはなって
   いません。
  ◇ 日干のエネルギーは、月上の劫財のみが助けになっていますが、強い根
   もないため、弱いと判断されます。
  ◇ 全般的な傾向としては、多少内向的か消極的な面が指摘できます。
   細やかな仕事に精力を傾けますが、永続性が期待できにくいです。
   きれい好きでせっかちなところもあります。異性問題に興味が強く、簡単に
   男性に近づくようなところがあります。
  ◇ 見た目も劫財の影響で、執拗に自分の考えにこだわります。


 
 
 
 

 




 





 





 





 





  





 



 



 


 




 



2 1968年(昭和43年)2月2日 生時不明 女性


 
【身弱で月支が正官の事例】

 ■ 命式の解説
  ◇ 月支と年支に正官があり、さらに年上の正財から生助を受け、この正官
   は強いと認定できます。
  ◇ 日干のエネルギーは、月上の劫財が支えになっているとはいえ、地支に
   強い根もないため、相当弱いと判断できます。
  ◇ 全般的には、感情が安定せず、バランス感覚に欠けますが、思いやりが
   厚く慎み深いところがあります。
   子どものしつけなどはしっかりしています。(子どもの因子である食神を劫財
   が生助している。)
   地位や立場を守る気持ちが強く、組織の優等生的存在になる可能性が
   ありますが、やや気力が弱すぎます。
  ◇ 見た目の性格は劫財が影響し、ややちゃらんぽらんなところもあります。


 
 
 
 

 




 





 





 





 




未 





 



 



 


 



 





3 1968年(昭和43年)12月13日 生時不明 女性


 
【月支正官が傷官から剋されている事例】

 ■ 命式の解説
  ◇ 月支正官は空亡していることと、傷官が3個から剋されて、ほとんど瀕
   死の状態になっています。
  ◇ 一方、日干は月上の印綬と日支に強い根が1個あり、やや弱い程度
   となっています。
   このため精神気力はやや弱く、消極的に終始しやすいです。
  ◇ 全般的な傾向としては、傷官が3個あることから、やや意地悪いところ
   があって陰湿さを心の奥に秘めています。
   へんに頑なな姿勢をつらぬくことがあります。
  ◇ 見た目は月上印綬の影響で、角がなくおとなしいか、石橋を叩いてわ
   たる式で最後までがんばります。


 
 
 
 

 




 





 





 





 





  





 



 

 


 







 



4 1965年(昭和40年)5月27日 生時不明 女性


 
【月支正官で、正官が太過している事例】

 ■ 命式の解説
  ◇ 月支正官で、地支に正官が3個並んで、正官は相当強いと認定でき
   ます。同じ地支からでた正官でありますので、太過しているとまでは見なく
   ても良いです。
  ◇ 一方、日干は月上に比肩がひとつありますが、地支に根もないため、相
   当弱いと判断できます。
  ◇ 全般的な傾向としては、いささか抑圧感があり線が細く、活気に乏しい
   です。こまやかな仕事に能力を出しますが、永続性は期待できにくいで
   す。責任感は強いですが、耐えられない弱さがあります。
   また、型にはまった考えしかできない面があります。
  ◇ 見た目は月上比肩の影響で、思い立ったらすぐ行動するか、口の悪さ
   があります。


 
 
 
 

 




 





 





 





 





  





 



 



 


 


 






 
 Copyright (C) 2014 四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室 All rights reserved.   △トップ