四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室

【第4回目講義(初級編)】
   一問一答集   質疑応答集   実例診断集   質問メール送信
  四柱推命用語辞典 【あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
第4回目講義

通変星 比肩について
通変星 劫財について
通変星 食神について
通変星 傷官について
通変星 偏財について
通変星 正財について
通変星 偏官について
通変星 正官について
通変星 偏印について
10 通変星 印綬について


おすすめサイト

生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い

性格はしぐさ・癖・見た目で一瞬でわかる

人相による結婚相手の選び方

素敵な彼の心をつかんでステキな結婚をしよう

結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座

男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう

モテる男・女の恋愛メールテクニック

男を引き寄せる恋愛指南

しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう


   9 偏印について

              日干と偏印との関係について
日干
(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)
偏印
(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)



【偏印の特質】


【重要ポイント】
偏印は、日干を陰陽不配偶で生じる関係(例:日干甲から壬を
  みるような場合)の通変因子であるため、「無情の生」とも言われ、
  偏印から偏った形で生じられ生母ではなく義理親にたとえられてい
  ます。

日干を生じるということは、つねに日干にたいして栄養分や知識を
  補給する働きをすることであり、このため、偏印そのもののエネルギー
  が弱いと、途中で息切れしてしまうので、偏印のある人は、始めの
  勢いは持続しがたく、持久性や継続性に欠けて、だんだん尻すぼ
  みになってしまう特徴があります。

 ■ 偏印が太過しますと、一つには親と縁が薄くなるか、あるいは食禄と健康
  長寿の因子であります食神を無情で剋すため、病弱、疾病、怪我、盗難
  などにあいやすいです。
  また、印星(偏印、印綬)が太過しますと、「母慈滅子の弊を招く」ともい
  われ、あまりに子供を大事にし過ぎて子供が社会の役に立たなくなるような
  状態をいい、優柔不断で決断力のない子供になりやすいです。

 ■ このように偏印は何か悪いイメージがついて回りますが、けっして悪い働き
  だけではなく、良好な働きもします。
  日干が偏官によって無情の剋を受けているときには、偏官から偏印にエネル
  ギーをもらして偏官のエネルギーを弱め、一方、強くなった偏印が日干を助
  けるという働きをします。

 ■ 偏印があって、その働きが良好な人は、自己主張が強くやや偏屈です
  が、臨機応変の才に恵まれ、考え方も一風変わっていて、知恵才能にすぐ
  れたところがあります。ただ、悪く働けば、ルーズでズルがしこく、物ごとを中途
  半端で終わらせやすい人となります。

 ■ 日干にたいして新しい知識やアイディアを与えつづけるためには、好奇心
  や知識欲がつねに旺盛でなければならず、また、興味の対象も幅広く持つ
  必要があることから、何ごとも熱心に吸収しようとする学究意欲も強いです。
  このため、学問、芸術、芸能、あるいは、アイディアや創造力が発達し、ま
  た、天から授けられるインスピレーションなどにも優れたものを持っています。

 ■ なお、偏印は食神の福分を七殺の意で剋すため、放浪癖があるとか、生
  活が安定しないとか、事故に遭いやすいとか、あるいは、虚弱体質になりや
  すい意も無視できません。

 ■ また、伝統を継承する意味合いの食神を破ることから、過去に拘泥せ
  ず、新しい発想のできる人もいます。



(1)偏印の性質

【重要ポイント】
人間の性質は、月支通変星で7割、日支通変星で3割の割合
  で強く働くと見ます。
月上通変星は、うわべの性質とか、見た目の性質をあらわしていま
  す。
 

@ 気随気ままの気まぐれで偏屈です。 自分の生き方や考え方に強いこ
  だわりを持ち、ユニークな発想ができます。

 ◇ 偏印は不配偶で日干を生じるため、自己主張の強さと偏屈さがあり、そ
  れに伝統の継承を意味する食神を破ることから、過去に拘泥することなく自
  由な考え方ができるため、一風変わったユニークな発想の持ち主になりま
  す。
 ◇ このことから、新しいトレンドにも敏感で、人気稼業の芸能界とかファッシ
  ョン関係などで活躍が期待できます。

A 熱しやすく冷めやすく、飽き性で気が変わりやすい。
 ◇ 偏印は日干にエネルギーを補給しますが、いつまでも補給し続けることは
  難しく、始めのうちは熱心ですが、終わりは怠惰になって冷めてしまいます。
 ◇ ですから、新しもの好きで、新しいブランド品などが出ますと、すぐに飛びつ
  いて買ったりしますが、飽きるのも早いです。
 ◇ 気分にむらっ気があって気が変わりやすいので注意が必要です。

B 直感力や感性にすぐれ、着想や発想が奇抜で、インスピレーションな
  どにもすぐれている。

 ◇ 頭の回転が速く臨機応変の才に恵まれるとともに、学問、芸術、芸能、
  あるいは、企画、アイディア、センス、知性や創造力が発達し、それに天から
  授けられるインスピレーションなどにも優れたものを持っています。
 ◇ 芸能人の中には霊感の発達した人が多いですが、それはこの偏印を命
  式に持っていることが多いからです。人気など訳の分からないものなども天か
  ら来ているのではないでしょうか。


※ ここから以下の偏印の性質については、偏印の意味するものが理解で
 きやすいように、いろいろ重複した表現はありますが、イメージトレーニング
 形式で記載していますので、しっかり偏印のイメージを自分のものにしてく
 ださい。(いちいち暗記したり覚える必要はないですよ。)


◇ やや偏屈、頑固で自己過信のきらいはありますが、独創性や計画性に
 優れ、モノの見方が一風変わっていて、アイディア力があります。
◇ 外向性人間でユニーク性を発揮しますが、敏感、飽き性で変化を好む
 ことと、投げやりで野放図なところもあります。
◇ はぐれ的ですが、芸術性に富んで芸能関係に関心が深いです。
◇ カンで動き、要領が良いですが、始めあって終わりなく、気迷いが多いで
 す。
◇ 執着と諦めが同居し、中途半端でずるいところがあり、何でも乱雑で中
 途で終わり、永続性にかけやすいです。
◇ 妙な能力を発揮することと、放縦でチャッカリ屋でもあります。
◇ あまえて依存心のみが強く、適応性には劣ります。
◇ 金儲けには、へんな自己流で取り組み、妙な力を発揮する人がいます
 が、自分が得して相手が損することが多いです。
◇ 現実から遊離した金銭感覚を持つ人もいますが、ヘンに勘がするどく、
 打算的であります。
◇ 新しいものを好み、また、気心が多く、あれもこれもと手を出し、目立ち
 たがりますが、防衛本能は強いです。
◇ さっぱりなんでも割り切って行動し、とらえどころのない印象を与えること
 があります。
◇ 我知らずして自己PRするところがあります。
◇ 口に出すわりに、我慢強くないか、自分勝手です。
◇ 過去をなつかしむ心が強いことと、無常感に支配されやすく、現実から
 逃避しやすい。
◇ 機知や機略に富み、着想や発想力が奇抜で、直感力や感覚がするど
 いです。
◇ 体制に批判的で独自性が強いです。一人でいるのを好みます。
◇ 気随気ままで、つきやすく離れやすいです。
◇ 要領がよく、人当たりが柔らかい。
◇ ものに飽きたりない。
◇ 他人の愛情や援助を期待し、思いやりの心が少ないです。
◇ 思考力や探求方法が一風変わっている。
◇ 予知能力があって敏感で、要領はよいですが、なげやりです。
◇ 印星で強い場合 身勝手になりやすいです。
◇ 印星が多いと、内向的になる。
◇ 印星が多いと、依存心が強く、幼児性が高まり、社会性に劣る。



(2)偏印の働きが悪い場合

偏印が太過して強すぎる場合

 ◇ 熱しやすく冷めやすい特性を持っており、最初は意欲を燃やして努力し
  ますが何かに行き詰まると簡単に投げ出してしまう弱点があります。
 ◇ 頑固で過敏なところがあり、他人に対する思いやりに欠けるから、思わぬ
  ところで敵を作る恐れがあります。
 ◇ 機を見るに敏、口先も巧妙で、その場その場での対応が十分にできるこ
  とから、世の中で重宝がられますが、本心では何を考えているのか分からな
  いところがあって、真の信用を得ることはできません。
  小さいことはできても大きなことのできない小事小成の命です。
 ◇ 家庭ではやはり片親に縁が薄く、妻は悪妻とまではいきませんが、自分の
  助けにならず、子縁も少なく、あっても不幸・短命であります。
  また、財運も少なく一生金銭のことで苦労して、晩年やや寂しい生活を送り
  やすいです。
 ◇ 偏印が悪い作用をしますと、口先だけで世渡りしようとする「詐欺師」とな
  るようなことも推測されます。



偏印が弱すぎる場合

 ◇ 無責任の代名詞のような人です。
   相手の気持ちを考えることなく気ままにやりたいことをするという生活を送り
  やすいです。
 ◇ 機略性も弁才も少しは有し、世話好きのため周囲の注目を集めますが、
  誠意がなく他人に迷惑をかけても何とも思わない性格のため、結局は嫌わ
  れ報われることはありません。
 ◇ 人並みに志だけは持ち、いろいろなことに手を出しますが、じっくりとその仕
  事に取り組むことができず、すぐに投げ出してしまいます。
  最後には趣味に走り、老人的な生活を送り、他人を批評しながら自己満
  足する人です。
 ◇ 家庭では、親、兄弟ともあまり良くなく、逆に責め合うことが多いです。


(3)月支偏印の能力発揮の方向性

 ◇ 変化の多い職場とか、人気稼業的な方面にて適性があり、頭の回転が
  速く要領が良いので、大衆的な仕事に向いています。一般的なサラリーマン
  でも、常識にとらわれず直感を必要とするような分野なら、成功も期待でき
  ます。

 【適性・適職】
  ・ 医者、カメラマン、芸術家、芸能人、作家、評論家など自由業全般
  ・ ファッション業界、コンピューター関係、情報産業、デザイナー、プログラ
   マーなどカタカナ産業と呼ばれる分野
  ・ 水商売など接客業


(4)月支偏印の恋愛の方向性

 ◇ 男女とも、情熱的で思い詰めると、仕事中でも相手のことだけしか考えな
  くなり、お互いに楽しい時を過ごせるようにムードや会話を大切にします。

 ◇ ただ、情熱的なだけに、喧嘩でもして相手をイヤだと思ったら、冷めるのも
  早く、飽きっぽいところがありますので、ちょっとした思惑違いや行き違いが別
  れの原因になりやすいです。短気は損気です。


(5)日支偏印の配偶者のタイプ

 【男性】

 ◇ 自己主張が強く、やや偏屈で気随気ままなところはありますが、イマジネ
  ーションが豊かで、母親のような女性を理想とします。

 【女性】

 ◇ 感性に鋭いものがあり、着想や発想が豊かで芸術的センスもあって、話し
  ていても話題が豊富で楽しい人を好みますが、熱しやすく冷めやすい点もあ
  りますので、注意してください。

 ◇ ときには、怠け者で、ぐうたらな亭主に縁があるともします。



(6)月支偏印のお金の取り扱い方

 ◇ 頭の回転が速く、いろいろとアイディアや新しい企画が次々と浮かび、それ
  をお金儲けに利用する人もいますが、だいたいは趣味が多彩で、そちらの方
  面にお金を使ってしまうことが多いようです。

 ◇ 人間関係や人との付き合いは、どちらかといえば苦手な人が多いので、で
  きれば趣味にお金をかけるだけでなく、人との交際にもお金を使うようにすれ
  ば、もともと人気者になる要素は強いので、あなたの才能や素質を認めてく
  れる人も出てくるかもしれませんよ。

 (金運アップ)

 ◇ 生まれついてのアイディアマンであり、インスピレーションの発達した人であ
  り、新商品の開発とか、人が思いも及ばないような方法で、一攫千金を得
  るようなこともあります。才能を生かした自由業での成功が期待できます。


実 例 診 断

 以下の実例では、性格のポイントだけ記載しています。

1 1968年(昭和43年)8月8日 生時不明 女性

  
【月支偏印で団結している事例】

 ■ 命式の解説
  ◇ 月支、年支、年上に偏印が3個あり、そのうえ、比肩と劫財があって、
   日干が相当強い形態となっています。
  ◇ 全般的な傾向としては、自分自身を強めるような因子のみが多いた
   め、非常に身勝手な人ですが、頑健な意志と根性があり、負けじ魂も相
   当強いと思われます。
   執念で成果をねらいますが、人間関係はまずくなります。
   とにかく自分勝手な行動が多いです。芸術性に優れるか学術性にすぐれ
   ることがあります。 自分の意見や考えにこだわります。
  ◇ 見た目も比肩の影響で、勘がするどく理解が早いです。


 
 
 
 

 




 





 





 





 





  





 



 



 


 






 



2 1965年(昭和40年)4月26日 生時不明 男性


 
【月支と日支に偏印が並んでいる事例】

 ■ 命式の解説
  ◇ 月支と日支に偏印があり、この偏印が年支の偏官からエネルギーを補
   給され、やや強くなっています。
  ◇ 日干のエネルギーも、偏印2個と比肩1個があって強いですが、地支
   に強い根がないため、やや強い程度と認定されます。
  ◇ 全般的には、偏印は義理親の愛を意味する因子であるため、人間は
   どうしても甘えて依存心と内向性だけが強い性格となりやすいです。
   相当な実力をひめていますが、月支辰と日支戌が七冲しており、精神が
   安定しにくいです。
   簡単に自分の考えを曲げず、依存心は強いです。
  ◇ 見た目の性格は比肩が影響し、礼儀正しいか、生意気な感じがみえ
   みえであります。


 
 
 
 

 




 





 





 





 




巳 





 

 



 


 




 





3 1967年(昭和42年)8月5日 生時不明 女性


 
【月支偏印で偏印が太過し、そのうえ偏官から生助されている事例】

 ■ 命式の解説
  ◇ 月支、日支、年支に偏印が並び、そのうえ偏官2個からエネルギーを補
   給され、相当強くなっています。
  ◇ 一方、日干は偏印3個のみで強くなってはいますが、偏旺状態で、あ
   まり良好な形態ではありません。
  ◇ 全般的な傾向としては、偏印は義理親の因子であり、その義理親でも
   数が多くなりますと、義理親が多いことにつながり、縁が変わって孤独の意
   が強いです。
   集中力に欠けやすく、愛情のバランスに問題があります。
   ものに飽きるくせに、盲進する場合があったり、我知らずして自己PRをし
   てしまうところがあります。
   ただ、何でもさっぱり割り切って行動することもあります。
  ◇ 見た目は月上偏官の影響で、神経が鋭く、観察眼に優れています。


 
 
 
 

 




 





 





 





 





  





 



 

 


 





 



4 1968年(昭和43年)1月22日 生時不明 男性


 
【月支偏印で、日干および偏印とも弱い事例】

 ■ 命式の解説
  ◇ 月支偏印で、年支にも偏印があって助けになっているようですが、年支
   は空亡して力になっていませんので、やや弱い偏印といえます。
  ◇ 一方、日干は強い根がなく、偏印からの生助があるのみですので、相
   当弱いと認定できます。
  ◇ 全般的な傾向としては、健康にやや問題が出やすいと推測されます。
   軽妙にものごとをとりしきりますが、依存心は強いです。
   計画を練るのが好きで、臨機応変の対応ができます。
   生活はやや派手さがあり、交際の広さもあります。
  ◇ 見た目は月上食神の影響で、世話好きで周囲を明るくする雰囲気が
   あるか社交上手で、とくに食事に関心が厚いです。


 
 
 
 

 




 





 





 





 





  





 



 



 


 


 






 
 Copyright (C) 2014 四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室 All rights reserved.   △トップ