四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室

【第4回目講義(初級編)】
   一問一答集(T) (U)   質疑応答集   実例診断集   質問メール送信
  四柱推命用語辞典 【あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

第4回目講義

通変星 比肩について
通変星 劫財について
通変星 食神について
通変星 傷官について
通変星 偏財について
通変星 正財について
通変星 偏官について
通変星 正官について
通変星 偏印について
10 通変星 印綬について


おすすめサイト

生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い

性格はしぐさ・癖・見た目で一瞬でわかる

人相による結婚相手の選び方

素敵な彼の心をつかんでステキな結婚をしよう

結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座

男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう

モテる男・女の恋愛メールテクニック

男を引き寄せる恋愛指南

しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう


   1 比肩について



              日干と比肩との関係について
日干
(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)
比肩
(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽

(陰)

(陽)

(陰)

【比肩の特質】

【重要ポイント】
比肩は、日干と同じ干をもって「比肩」と称されるもので、「自我を意識する」ということと、「肩を比べる」という意味合いから、どうしても他人との競争意識が強まります。

命式を見る場合にも、比肩があるかどうかが一つのポイントになります。なぜなら、比肩は現実社会で自己を表現するための大切な因子ですから、自分の思いや夢を達成するためには、どうしても必要不可欠であり、また、命式にある各種通変星を統括する立場にもあります。

■ 人事では、肩を並べるところから、兄弟、同僚、友だちなどともみます。

■ 男性で比肩が悪く働けば、偏財(妻の因子)を強くやっつけるので、妻との生死別なども考えられます。また、男女とも偏財は父親の因子でもあるので、父親と縁が薄くなることもあります。

■ 男性で、比肩と正財(女性の因子)があって干合(結びつきやすい因子)するような関係にもなると、兄弟や同僚、あるいは友だちに妻や恋人を奪われるなどとも見ます。

■ 女性で、比肩と正官(男性の因子)があって干合(結びつきやすい因子)するような関係にもなりますと、兄弟や同僚、あるいは友だちに夫や恋人を奪われるなどとも見ます。





(1)比肩の性質

【重要ポイント】
人間の性質は、月支通変星で7割、日支通変星で3割の割合で強く働くと見ます。
月上通変星は、うわべの性質とか、見た目の性質をあらわしています。
 

@ 自我が強く、負けず嫌いで独立自尊の念が強いです。
◇ 自我の因子ということは、自意識やプライドが自然高くなって、自己主張も旺盛になり、見栄っ張りで虚勢を張ることも多くなります。

A 自我がストレートに出るため、単純であっさりして、考え方にも竹をスパッと割ったような潔さと割り切りの良さがあります。
◇ 日干と同じ干ということは、自分自身が素直にそのまま出るという意味から、損得勘定で動くようなことはないため、政治的な駆け引きは苦手であります。あくまで、単純さと淡泊さが魅力であります。

B 好き嫌いがはっきりしている。
◇ 自分自身がそのまま表現されるということは、言葉を飾らないため、好きか嫌いがはっきり出てしまいます。

C 努力家で正義感が強い。
◇ 自我が強いため、当然、努力家で頑張り屋であり、また、自分の気持ちが素直に出るため、曲がったことを許せない正義心の強い人でもあります。

※ 命式中に比肩が多いと、身内思いで身内や友人にはやさしく、身内の意見には従いやすいですが、他人(妻子や全くの他人)には厳しい人が多いです。

※ ここから以下の比肩の性質については、比肩の意味するものが理解できやすいように、いろいろ重複した表現はありますが、イメージトレーニング形式で記載していますので、しっかり比肩のイメージを自分のものにしてください。(いちいち暗記したり覚える必要はないですよ。)

◇ 一般に意志強固で独立自尊の念が厚く、負けずきらいで頑固です。
◇ 人によく反対とか反抗しますが、根はさっぱりしていて明るく、こだわりが少ない。努力家で、外向性人間であり、単純なところがあって、割り切りが早い。
◇ 堅実で計算高く、確実・安全を狙います。
◇ 連帯意識が強く、利他的であります。
◇ カンが鋭いだけでなく理解が早く、利口に立ち回ります。
◇ 礼儀正しいか、生意気な感じがみえみえである。
◇ 口にブレーキがかからないところと、なかなか自己の信念を曲げない。
◇ 比肩格の女性は、概してツッパリ屋で、強引にでしゃばるとか、自分勝手でわがままで、個性が強すぎるところがある。
◇ 思い立ったらすぐ行動に移し、口は悪い。
◇ クールで何でもかんたんに割り切り、人間関係を手際よく上手にさばく。
◇ 自尊心が高く、勝気で、反抗心が潜み、自意識が強い。
◇ 競争意識が強く、独断性が強いため、リーダーシップに関心が強く、負けることをきらう。
◇ 比劫星太過か印星で強めた場合 我が強く、身勝手になりやすい。
◇ 比劫星が多い場合、身内思いで身内や友人にはやさしく、身内の意見には従いやすいですが、他人にはきびしい人が多い。



(2)比肩の働きが悪い場合

比肩が太過して強すぎる場合

◇ やや頑固となり心に余裕が少なく独立心のみ強くなり、社会でも融通性を欠きやや堅苦しい物の考えを押しつけやすいため、社会的信用を失いやすいです。
◇ 家庭内では、夫婦兄弟と円満さを欠き、争いが起きやすいです。
◇ 職業では計画遂行能力にやや劣り、独立しても金策に走り回り苦労が多いです。ただ意志が強いため、打開していこうとしますが、挫折もしやすいです。

※ 自我が強く、偏屈頑固となり、人の言葉を素直に受け入れず、協調性もなくなって、友だち関係でも、組織の中でも浮いた存在となりやすい。
※ 女性の場合、人を人とも思わないような言動が多く、自分がこうと思い込んだら、他人の意見に耳を貸さず、そのため、周囲から孤立し、自らの運勢に自分から蓋をするようなことになりやすいです。


比肩が弱すぎる場合

◇ 意志が弱く心に余裕が少なく、独立心も弱く他に追随することに心を配り、社会的には社交性がなく、世の中からの信用もないのに、みだりに虚栄のみを張りたがります。
◇ 家庭内では、妻・兄弟に依存することが多く、家長としての風格はありません。
◇ 職業は、事業遂行の能力に劣り、たとえ共同事業を行なっても他を利するだけで自己の利益とはなりません。
もし周囲を気にして金があれば、それが終わるまで出資し続ける可能性がありますので、商売には不向きです。



(3)月支比肩の能力発揮の方向性

◇ もともとプロ意識が旺盛なので、できれば独立して何かをしたいと日頃から考えている人ですから、組織の中でも、スタッフ的な立場で、何かの計画とか企画を策定させ、そしてそれの実行まで任せるようなことにすれば、いかんなく能力を発揮します。

◇ もし、技術的な面に携わっているような人であれば、会社の役に立つような研究課題を与え、それに専念させるようにすれば、生き生きとして頑張るのではないでしょうか。

◇ 要は、人との共同作業ではなく、この人を信頼してひとつの仕事を任せることが大事です。

【適性・適職】
・ 常に競争性のある世界でないと、心が燃えてこない人であり、競争に勝つことにより喜びを得られるタイプですので、事務所の机にじっと座って事務をとるようなことは苦手で、勝負の世界でイキイキと活躍できる人です。
・ 勝ち上手は人に嫌われ、負け上手は人に好かれるのが、この世の常ですので、相手に対する思いやりと謙虚さが大切で、勝って傲慢不遜になれば、社会から孤立しますので、注意が必要です。



(4)月支比肩の恋愛の方向性

◇ 好き嫌いがはっきりしているので、最初から自分のタイプでない人とは恋愛対象にはなりませんが、男友だちとして付き合う人は多いでしょう。

◇ 女性はしっかりした人が多く、デートの待合い場所でも自分がリーダーシップを取って決めたいタイプですので、男性の好みも自分より年下を好む傾向があります。

◇ 実際にこの女性がデートをするようになれば、自分が全て取り仕切ってしまおうする傾向があり、自分の気持ちが先行して相手をグイグイ引っ張ってしまうので、できれば相手のペースも考えて、少しは相手の気持ちを思いやる努力が必要です。

【ポイント】
比肩や劫財が太過する女性は、8歳以上年上か、5歳以上
  年下の男性と結婚すると、案外結婚生活に平穏が保たれやすい。

比劫太過は一人の男性で満足しない女性もいます。
 


(5)日支比肩の配偶者のタイプ

【男性】

◇ 気性のしっかりしたタイプで、自立しているような女性を理想とし、自分と似た考え方の持ち主を好む傾向があり、甘えた感じの女性や頼りない女性あるいは泣き言ばかり言うような女々しい女性を嫌います。

◇ あなたが相手を尊重するなら、女性はあなたの良き理解者として陰から支えてくれ、安定した家庭生活を築くことができます。

【女性】

◇ 自分と同じような考え方の人を好み、友だちのような関係になる男性を選ぶ傾向があります。

◇ 大体は、気むずかしく個性の強い男性と縁が厚いです。

◇ お互いに自己主張が強いので、うまくいっている時は良いでしょうが、ぶつかると辛抱ができなくなり、激しい衝突も起きやすいので、お互いに相手の主張を尊重して、相手の気持ちを思いやることが大切です。


(6)月支比肩のお金の取り扱い方

◇ お金の扱いに対しては、淡白であっさりしているため、何かで損をしても諦めるのも早く、そのことをすぐに忘れてしまうようなところがあります。

◇ 金銭の取り扱いや金銭感覚は鋭くないため、お金の出入りをしっかり管理できるようなタイプではなく、あればあったで使ってしまうため、後で困らないよう十分注意することが大切です。

◇ また、さっぱりした性格で金離れが良いため、できれば友達間でのお金の貸し借りはトラブルの元になりますので、避けることです。

(金運アップ)

◇ 他人と協調したり共同しながら仕事をやるよりも、できるだけ独立して自分で何かの業を始めほうが成功する確率は高いでしょう。ただし、事業を始めのには最初に資本を必要としますので、それなりの用意周到な準備が必要です。決して無理はいけません。



実 例 診 断

以下の実例では、性格のポイントだけ記載しています。


1 1968年(昭和43)年7月7日 生時不明 女性


【比肩が太過している事例】

■ 命式の解説
◇ 比肩が三つあって比肩のエネルギーが相当強いと判断されるので、自我が非常に強く、人によく反対するとか反抗し、突っ張り型です。
◇ 不屈の負けじ魂を持ち、自信過剰な面があります。
◇ 執念で成果をねらいますが、人間関係はまずくなります。
◇ この命式には財星はありませんが、たとえあっても、比肩3個と劫財1個からやっつけられますので、異性の因子である官星の根(財星)を奪い、内助の功は薄く、機会があればいつでも離婚の危機にさらされやすいと判断できます。


 
 
 
 

 




 





 





 





 





  





 



 



 


 




 



2 1967年(昭和42年)6月11日 生時不明 女性


【比肩や劫財(比肩と兄弟の因子)が太過している事例】

■ 命式の解説   
◇ 比肩が3個あり、そのうえ劫財が2個あって、比肩のエネルギーは相当強いと判断されます。
◇ 頑張り精神も相当強いですが、ウヌボレも人一倍強いです。
◇ かんたんに人の言葉にしたがいません。
◇ 独断専行のきらいが強く、不和になるか孤立しやすいです。
◇ 異性の因子である官星とことごとく対立するため、だいたいは、生涯独身を貫く事情が発生しやすい人です。


 
 
 
 

 




 





 





 





 





  





 



 



 


 





 



3 1965年(昭和40年)8月3日 生時不明 女性


【月支比肩と日支比肩が並んでいる事例】

■ 命式の解説
◇ 比肩が並んであるため、比肩の性格が強く出やすいと思われます。
◇ 自我が相当強いですが、こだわりやわだかまりは少ないと見ます。
・ もし、劫財がありますと、ねちっこさと執拗さが生じます。
◇ 独立心がさかんで、独断的になりやすいく、我がまま気ままにふるまい、強引に処理をする。
◇ 家政の切り盛りも実力はありますが、孤立気味になりやすい。
◇ 見た目は、偏財の性質によって判断し、発想が奇抜で着想力に富みます。


 
 
 
 

 




 





 





 





 





  





 



 



 


 





 



4 1968年(昭和43年)6月5日 生時不明 女性


【月支比肩と日支劫財が並んでいる事例】

■ 命式の解説
◇ 月支比肩で、日支劫財、月上劫財となっています。
◇ 非常に高慢な女性で、自信過剰に歯止めがかからないような人です。
◇ 気ぐらいが高いため、モメゴトが多く、内助の気持ちは少ないです。
◇ だいたいは、独身を貫くような女性が多いです。
◇ 見た目は、理屈張ってかたくなに自分の考えにこだわります。


 
 
 
 

 




 





 





 





 





  





 



 



 


 





 







 
 Copyright (C) 2014 四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室 All rights reserved.   △トップ