四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室

【第4回目講義(初級編)】
   一問一答集   質疑応答集   実例診断集   質問メール送信
  四柱推命用語辞典 【あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
第4回目講義

通変星 比肩について
通変星 劫財について
通変星 食神について
通変星 傷官について
通変星 偏財について
通変星 正財について
通変星 偏官について
通変星 正官について
通変星 偏印について
10 通変星 印綬について


おすすめサイト

生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い

性格はしぐさ・癖・見た目で一瞬でわかる

人相による結婚相手の選び方

素敵な彼の心をつかんでステキな結婚をしよう

結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座

男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう

モテる男・女の恋愛メールテクニック

男を引き寄せる恋愛指南

しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう


   6 正財について

              日干と正財との関係について
日干
(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)
正財
(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)



【正財の特質】

【重要ポイント】
日干が陰陽配偶で剋す関係(例:日干甲から己をみるような場
  合)の通変因子は「正財」と名付けられ、正統的に自分が直接支
  配したり、コントロールできるものという意味があり、このため、古来か
  ら、固定資産であるとか、正妻(男子から見た場合)に相当する
  と解釈されています。
  陰陽配偶で正しく剋すということは、自分自身の汗と血と努力で手
  に入れる財であり、不動産とか固定資産に該当します。
  また、正統な縁によって得る財として、先祖の財を継承するようなこ
  とも考えられます。けっして僥倖で得るとか、投機によって得る財で
  はありません。投機で得るような財は、先ほど説明しました偏財の
  方に該当します。


陰陽配偶で剋は、「有情の剋」ともいわれ、有情の剋は、相手を有
  情によって教導し、その教導によって相手が従う形であり、本来の
  夫婦の道でありまして、正財は正しい財とも言われ、正妻を意味し
  ます。


ですから、男性にとっては是非とも欲しい因子でありますが、ただこの
  因子が大いに役立ってくれるためには、日干が強くなくてはなりませ
  んので、日干のエネルギーの強弱の測定をしっかり身につける必要
  があります。また、偏財がカルテ内にありますと、偏妻と正妻が同居
  するといって、女性関係のトラブルが発生しやすいです。


 ■ 多財身弱(財星が多く、日干のエネルギーが弱いこと)になれば、財の
  運用ができず、しぜんと散財するようなことになりやすく、しぜんに資産が失
  われていくようなことも推測されます。

 ■ 自分がコントロールできるものは、何も財だけではなく、自分の肉体もそう
  であるし、自分の感情も支配下におけるため、これらも偏財と同様、正財の
  意味する範疇にはいります。このようなことから、財星(偏財または正財)
  が太過すれば、それだけ肉体を多く必要とすることから、健康な体質でない
  か、病弱質であるなどと解釈できます。

 ■ 正財のある人は、誠実温厚で細かく気がつき、コツコツ勤勉実直な人で
  あります。融通性にはやや欠けるかもしれません。

 ■ 正財は親の因子である印綬を強く剋すため、正財が太過すれば、父母
  と縁が薄くなり、とくに母親と縁が薄くなりやすいです。

 ■ 男性の場合、正財は妻の因子であり、印綬は母親の因子にあたり、正
  財と印綬が無情の剋になる関係から、本質的に嫁と姑は相容れない関係
  であることがわかります。すでに先人の洞察された知恵には、おどろくほかあり
  ません。嫁と姑の関係は人類誕生の時からすでに決められていたようです。

 ■ また、カルテ内に正財と印綬があれば、正財は現実面を重視する因子で
  あり、印綬は理想を追い求める因子であって、両者に大きな矛盾があるた
  め、職業上の迷いが多いとか、変化変動が起きやすいとされます。



(1)正財の性質

【重要ポイント】
人間の性質は、月支通変星で7割、日支通変星で3割の割合
  で強く働くと見ます。
月上通変星は、うわべの性質とか、見た目の性質をあらわしていま
  す。
 

@ 誠実温厚で、細かく気がつき、コツコツと勤勉実直な努力家です。
 ◇ 陰陽配偶の剋は、融通性や腰の軽さはありませんが、誠実と努力を信
  条にコツコツと財を貯めていく堅実な人です。
 ◇ 人柄は温厚で、人に頼まれたら嫌とは言えないやさしさがあり、引き受け
  たことは責任をもってしっかりやり遂げますので、信用があります。

A 形式や格式を重んじるため、感覚にややシャープさが欠いて、融通性
  に乏しくなります。

 ◇ やはり陰陽配偶の剋は、不配偶の剋と違い、ゆっくりと熟慮を重ねて決
  断する人で、どんなに急いでいても、決して「エイヤッ」では、物事を決めま
  せん。
 ◇ この結果、どうしても融通性とか人間の面白味がなくなってしまいます。

B 情にもろい人情家である。
 ◇ 陰陽配偶の剋は、感情をコントロールするため、真面目で誠実な人では
  ありますが、感動的な風景を見ては涙ぐむとか、悲しい劇や音楽を聞いたり
  するときも、感傷に浸ってしまうことがあります。

※ ここから以下の正財の性質については、正財の意味するものが理解
 できやすいように、いろいろ重複した表現はありますが、イメージトレーニン
 グ形式で記載していますので、しっかり正財のイメージを自分のものにしてく
 ださい。(いちいち暗記したり覚える必要はないですよ。)


◇ 内向性人間で、落ち着きがあり、方正で控えめです。カネやモノに対す
 る執着が強いです。
◇ 保守的、陰険、打算的でネバリ根性があり、また、穏健、堅実的で我
 慢強いです。
◇ 経済関係に通じ金銭感覚にすぐれ用意周到で、安全で確実をねら
 い、蓄財心も旺盛です。
◇ 抜け目がなく、工夫が上手で慎重であります。融通性は劣りますが、
 努力家です。
◇ おっとりと落ち着いているか冷静で、情が細やかな努力家が多いです
 が、対人関係のけじめにきびしいです。
◇ 何ごとも金銭に結び付けて考え、質素倹約の念が厚く、無駄が少ない
 です。
◇ おとなしくなにくれと面倒見が良いです。
◇ 人間的な面白味に欠け、鈍重でさえあります。
◇ 真面目くさって面白味がないか、内向的で、うちにとじこもりがちな実務
 派人間であります。
◇ 神経が細かく、モノをみる目がすぐれているか、ドラマチックな生き方に興
 味がなく、何ごとも円満を好みます。
◇ 手堅い方針で失敗が少ないか、欲が深く、自己本位のところが目立ち
 ます。
◇ 根気がよく、実直であり、安全確実で努力します。
◇ 月支正財、日支劫財
  @ 焦ってことを進めやすいです。
  A 慇懃無礼と受けとれやすいです。
◇ 月支劫財、日支正財
  @ 経済観念がいびつで、しぶとい執着を示します。
  A みかけに似合わずエゴイストです。
◇ 正財が多い場合 身勝手になりやすいです。



(2)正財の働きが悪い場合

正財が太過して強すぎる場合

 ◇ やや陰気なところはありますが、他人に対しては明るく如才なく交際上手
  です。しかし、決断力は弱く積極性に乏しいため、大望はもてません。
 ◇ 求財心は強くそのためには相当あくどいことも平気でやることができます。
    打算性が強く他に施すことは少なく、施しても必ず見返りを期待する性
  格のため、社会からの信用は得られません。
 ◇ 好色性は強く、キャバクラやソープランドの女性と関係して金銭を奪われ
  ることが多いです。女性で失敗する可能性は高いです。
 ◇ 家庭では、妻は良妻とは言えませんが、婦唱夫随で、なんとか家計を維
  持することはできます。
  時には妻は外で男を作る可能性もあります。
  女性の場合ですと、悪女の深情けになります。
 ◇ 職業は商売、特に金融関係が良い。


【ポイント】
身弱の正財太過は、気力に欠けるだけでなく、怠慢で決断力に乏
  しく、集中力にも欠けます。
  視野が狭く、融通性に欠け、秘密主義でお金の出し惜しみをし、
  自分勝手で頑固さが目立ってきます。小心となります。


正財が弱すぎる場合

 ◇ おとなしく、積極的に自分の意見を言ったり行動したりすることはできず、
   絶えず長いものには巻かれる主義の性格です。
 ◇ 依存心のみ強く自分の失敗を他に転嫁し、他人の出世成功には嫉妬し
  愚痴ばかり言っています。
  将来に対する展望はなく、目先だけの得失に終始します。
  そのくせ財に対する執着心は強いですが、恵まれることは少なく、逆に金銭
  上の問題で苦労し、精神の安定は得られにくいです。
 ◇ 家庭では処理能力が乏しく妻に従って生活します。
 ◇ 決して無駄遣いするようなことはなく、ある金を減らさないように努力し、
  貯金通帳を眺めるのが最大の楽しみのような日々を送ります。もちろん生き
  た金など使えるはずもなく、面白味も味気もない暗い生活です。
 ◇ 職業は、金融関係(銀行等)が良いですが、忍耐力が少ないため、転
  職する可能性もあります。

【ポイント】
正財のエネルギーが極度に弱まりますと、人格にも欠け、優柔不断
  で、逆境や苦境に立たされることが多くなり、猜疑心が強くなるか、
  あるいは諦めの強い気質で、小心となります。



(3)月支正財の能力発揮の方向性

 ◇ 真面目に熱心に取り組む人ですので、目先の変わった仕事ではなく、大
  企業のサラリーマンか公務員などが一番能力を発揮できるでしょう。

 ◇ 仕事は地味で堅実に取り組み、ひとつずつ丁寧に仕上げていきますの
   で、そういう地道な努力が報われるような仕事の分野なら言うことがありま
   せん。

 【適性・適職】
  ・ 製造業、銀行、証券会社などの金融業
  ・ 商工業全般、サービス業など、経済に関する分野


(4)月支正財の恋愛の方向性

 ◇ 男女とも、少し真面目で杓子定規なところがあり、その上、ちょっと堅苦
  しいので、燃えるような恋愛は苦手とするタイプです。

 ◇ 恋愛のムードづくりも下手なため、二人の会話を盛り上げるような洒落た
  トークなどもできませんので、恋愛をあまり真剣に考えることなく、友だち程度
  の恋人と軽く思って交際するのがよいでしょう。

 ◇ ただ、男女とも異性との縁は厚く、男性はもてる人であり、女性は男性に
  尽くしてもてる人です。

【ポイント】
ただ、男性は日支や月上に偏財がありますと、話し上手で女性の
  口説きが上手くなって、いろいろな女性に手を出すことも予想されま
  すので、注意してください。


男女とも、日支に劫財があれば、恋人から迷惑をかけられることが
  多いので、しっかり相手の恋人の本質を見極めましょう。


(5)日支正財の配偶者のタイプ

 【男性】

 ◇ 見合い、恋愛にかかわらず、良妻賢母型で、自分の決めた目標に向っ
  て、真面目に努力して、人に好かれるような女性を好みます。

 ◇ 男性にとっては、一生懸命尽くしてくれる女性で、自由気ままに振る舞え
  るような女性です。

 【女性】

 ◇ 育ちの良い男性で、女性に優しく、きまじめで人当たりの良い人と縁を持
  ちやすいですが、ちょっと頼りないかもしれません。


(6)月支正財のお金の取り扱い方

 ◇ この人は、額に汗して、コツコツと勤勉に努力してお金を貯めていくタイプ
  ですので、なかなかのしまり屋でムダ遣いを好みません。
  このため、服装などもおかまいなしで、ファッションにお金を注ぎ込むとか、グル
  メでおいしいものを食べ歩くなどという発想はあまりなく、人から飲み会でも誘
  われれば断る材料を先に思いつくような人です。

 ◇ ただ、貯め込む一方ではなく、不動産とかマンションの購入などには興味
  を持っていますが、たまにはムダ遣いも人生にとって必要なときがありますよ。

 (金運アップ)

 ◇ コツコツと汗水垂らして働いたお金を根気よく貯めていく人ですので、決し
  て大きく殖やそうとして株とか投資に手を出さないことが大切です。
  金運はありますので、最後には大きな大金が残っていることでしょう。



実 例 診 断

 以下の実例では、性格のポイントだけ記載しています。

1 1968年(昭和43年)9月23日 生時不明 女性

  
【財星が太過している事例】

 ■ 命式の解説
  ◇ 月支正財で正財が透干していることと、偏財も2個あって、財星が合
   計4個あります。
  ◇ 日干のエネルギーは、比肩、劫財、偏印、印綬がひとつもなく、そのうえ
   地支に根もないため、相当弱いと認定されます。
  ◇ 本来、思いやりの心を司る作用があり、とくに女性にはなくてはならない
   貴重な因子ですが、これが太過すると自我が弱まるだけで、本来の意味
   が失われ、むしろヒスを秘めたネクラになりやすいと推測されます。
  ◇ 全般的な傾向としては、体が弱いか気力が弱く、やや消極的で内向
   的な面がうかがえます。用心深く慎重で、人当たりは無難であります。情
   はこまやかで努力家が多いです。
  ◇ 見た目も正財の影響で、おとなしく落ち着きがあり、あまり目立たない人
   であります。


 
 
 
 

 




 





 





 





 





  





 



 



 


 




 



2 1964年(昭和39年)12月16日 生時不明 女性


 
【正財のエネルギーを官星が盗気している事例】

 ■ 命式の解説
  ◇ 月支正財は1個あって良いのですが、官星3個にエネルギーを奪わ
   れ、孤立化しています。
  ◇ 日干のエネルギーは、月上の印綬が唯一自分の助けになってくれている
   のに、月支の正財によって破られており、印綬の役割が相当減少していま
   す。
  ◇ 全般的には、目上や親の援助を期待できなくもないが、体力や気力の
   不足が指摘できます。
   宗教心が厚く従順です。質素倹約の念が厚く、ムダが少なく、世間体を
   気にします。感謝の気持ちも強いですが、警戒心もあります。
  ◇ 見た目の性格は印綬が影響し、伝統をよく守り、目上には逆らいませ
   ん。
  ◇ 金銭感覚は、ずるがしこく、しぶといか、とらわれの心が強く、欲が深いで
   す。


 
 
 
 

 




 





 





 





 





  





 



 



 


 



 



3 1968年(昭和43年)6月12日 生時不明 男性


 
【月支正財が孤立している事例】

 ■ 命式の解説
  ◇ 月支正財は1個ありますが、正官3個から盗気され弱まっています。
  ◇ 一方、日干は比肩が1個と、そのうえ強い根が日支に1個あるため、
   やや弱程度となっています。
  ◇ 一般的に偏財とか正財がなく、あっても弱い場合、あるいは比肩や劫
   財からやっつけられているような場合には、だいたい金銭に執着する度合
   いが大きいと認定できます。
  ◇ 全般的な傾向としては、多少内向的か消極的な面がうかがえます。
   健康面に問題がないとまでは言い切れない。
   温厚篤実でまじめで、しっかりした人ですが、やや決断力に欠けやすいで
   す。ただときには、気弱な中に突っ張ったところが潜みます。
  ◇ 見た目は月上正官の影響で、温厚でリーダーシップをとりたがる傾向が
   あります。


 
 
 
 

 




 





 





 





 





  





 



 



 


 




 



4 1968年(昭和43年)4月10日 生時不明 男性


 
【月支正財を日支劫財が破っている事例】

 ■ 命式の解説
  ◇ 月支正財で、日支の劫財から破られ、正財そのものを支える食神や傷
   官もないため、相当弱まっています。
  ◇ 一方、日干は劫財1個と偏印2個があり、そのうえ年支に建禄もあっ
   て、中旺程度の強さとなっています。
  ◇ これも上記の例と同様、正財が劫財からやっつけられており、人間は自
   分の手の届かないものに相当執着するため、やはりおカネに対する執着は
   強いものがあります。
  ◇ 全般的な傾向としては、穏健で優しい性格の中に、積極果敢な積極
   性も持ち合わせています。強引なところと細やかな気配りが同居したような
   ところがうかがえます。くそ度胸があってネチネチ人を責めるのが得意です。
  ◇ 見た目は月上偏官の影響で、一発勝負にかけるようなところがあって、
   独自の道を進むところがあります。


 
 
 
 

 




 





 





 





 





  





 



 



 


 




 






 
 Copyright (C) 2014 四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室 All rights reserved.   △トップ