四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室

【第4回目講義(初級編)】
   一問一答集(T) (U)   質疑応答集   実例診断集   質問メール送信
  四柱推命用語辞典 【あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
 
第4回目講義

通変星 比肩について
通変星 劫財について
通変星 食神について
通変星 傷官について
通変星 偏財について
通変星 正財について
通変星 偏官について
通変星 正官について
通変星 偏印について
10 通変星 印綬について


おすすめサイト

生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い

性格はしぐさ・癖・見た目で一瞬でわかる

人相による結婚相手の選び方

素敵な彼の心をつかんでステキな結婚をしよう

結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座

男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう

モテる男・女の恋愛メールテクニック

男を引き寄せる恋愛指南

しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう



   3 食神について



              日干と食神との関係について
日干
(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)
食神
(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)

(陽)

(陰)


【食神の特質】


【重要ポイント】
日干から陰陽不配偶で生じる関係(例:日干甲から丙をみるような場合)の通変因子は「食神」と名付けられており、古来から衣食住にめぐまれ、労せずして福分が集まると言われ吉神とされています。
とくに、食神のエネルギーを弱める偏印がなければ、祖先父母の恩恵が厚く健康で一代財縁に恵まれることもあります。


食神は日干が生じる同性のものであるため、本質的に食神のエネルギーはいつも日干から生じられている状態です。このことは食神は、何の努力もしないでも、そこに存在できるということでありまして、このことから、汗水をたらさなくてもしぜんに衣食住に恵まれ、健康、長寿を司る因子と言われています。

■ 食神は日干から同一り、相手に権力を譲るとか、任すとか、託す意味があります。
たとえば、天皇継承であれば男子から男子に受け継がれ、茶道や華道の世界、あるいは歌舞伎の世界などでも、女から女、あるいは男から男に伝統を継承していき、女から男、あるいは男から女には余程の理由がないと基本的には継承しないものです。
そういうところから、伝統を重んじ、あまり社会変化を好まないなどと解釈します。

■ 日干から直接生じる通変因子ということは、日干のエネルギーから直接生み出された子供という意味にもとれ、子供というのは鷹揚として無邪気さがあり、将来に対する不安感などがなく、本能のまま、欲望のまま戯れるようなところがあるため、食神のある人は、自由、気ままで、子供っぽいところが特徴となっています。

■ また、食神は、古来から日干の精英(自分自身のなかに既に備わっている優れたもの)が漏出して生まれた因子であり、直接、自分の脳と直結したところがあるため、自分の考えたことがすぐに口に出るとか、あるいは、見たことをすぐに絵に描くなど、自分を演出したり、自己表現能力にすぐれた人が多いのも事実です。
日干から生じて食神が生まれますので、思ったことや考えたことがすぐに口に出るような短気さはありますが、素質才能面も日干から生じられますので、学・技・芸にすぐれたものがあります。

■ 女性にとって食神は、自分から生じる関係にあることから、子どもを意味する因子となり、食傷星(食神、傷官)が太過(3個以上あること)せず、エネルギーが強いと、しっかりした子供さんに恵まれますが、逆に太過すると、子供縁に薄くなります。

■ 男性にとって食傷星(食神、傷官)が太過しますと、男性にとって子どもの因子である官星(偏官、正官)を強くやっつけますので、子供さんの健康が思わしくないか、縁が薄くなります。

■ 食神のエネルギーが弱くても、比劫星(比肩、劫財)の助けがあれば、日常の衣食住にはこと欠きませんが、食神のエネルギーが弱く、そのうえ比劫星がなく、かえって強力な偏印があるようですと、損失、盗難、病弱、不慮の事故などにあいやすくなります。





(1)食神の性質

【重要ポイント】
人間の性質は、月支通変星で7割、日支通変星で3割の割合で強く働くと見ます。
月上通変星は、うわべの性質とか、見た目の性質をあらわしています。
 

@ 鷹揚でゆったりしたのんびり屋で、遊び好きの楽天家です。
◇ 衣食住に恵まれることから、人と争って何かを得ようとする気持ちが希薄となり、お坊ちゃんタイプで鷹揚なのんびり屋で、苦労知らずからくる屈託の無さや豊かな包容力を持った人好きのする人柄になり、また芸術センスにも優れたロマンティストであります。

A 好きなことには情熱を傾ける。
◇ 日干から生じるということは、精力を浪費する意味もあり、何か自分の好きなことが見つかりますと、寝食を忘れるほど徹底的に打ち込んで情熱を傾けます。

B 規制されることを嫌い、責任感はやや希薄である。
◇ 官星は自分の欲望とか自我を規制する因子ですが、食神はそれを剋す関係にあるため、克己心が薄れどうしても責任感を持って勤勉に働くタイプにはならず、できるだけ自由気ままで苦労をせずに、スマートで洒落た生き方を理想とし、野暮な努力を嫌うところがあります。
◇ このため、上昇志向や野心が薄く、現状維持で満足できる人でもあります。

C 人生に対する危機感が薄く、真剣味に欠けやすい。
◇ 衣食住に恵まれるところから、普段から危機意識が薄く、危機管理に乏しいため、どうしても人間にスキができて、破廉恥な行為にいたることがあったり、苦労知らずお金に不自由しないところから、手を付けられないような遊び人タイプになることがあります。
◇ 一般的には異性との関係で、愛人になったりヒモになったりして、女性に養われても、苦にならない人がいたり、詐欺や性犯罪など破廉恥な事件を起こすこともあり、いずれにしても、人生に対する真剣味を失い、ずるずると転落人生を歩み、行き当たりばったりの人生になりやすいです。



※ ここから以下の食神の性質については、食神の意味するものが理解できやすいように、いろいろ重複した表現はありますが、イメージトレーニング形式で記載していますので、しっかり食神のイメージを自分のものにしてください。(いちいち暗記したり覚える必要はないですよ。)

◇ 鷹揚で、ゆったりして、人好きのするタイプですが、勝気です。
◇ 凝り性でものごとを中途半端にせず、好きなことには寝食を忘れて没頭するようなところがあります。
◇ のんびりかまえて現状認識が甘く、怠け心が潜みます。
◇ 愛情豊かで調和の取れた心の持ち主か、ものごとをかんたんに考え、空想を楽しむところがあります。
◇ 何でもおおまかで、ヘンに勘ぐらないです。
◇ モノを分析するとか、見る眼にすぐれています。
◇ 外向性人間で、横柄で横着なところがあり、かつ、負けず嫌いです。
◇ 心臓が強く、しぶとさがあり、人のあいだの立ち回りが上手いです。
◇ のんき、明るく楽天的で、個人主義となりやすく、食いしん坊のグルメでもあります。
◇ 衣食住関係のことがらに関心が深く、思い切りが良いです。
◇ あつかましいところがあって、抜け目がないです。
◇ カネ離れは良いですが、周到性に欠けやすいです。
◇ 巧く立ちまわり、抜け目がないです。
◇ 思い切りがよいわりに、のんびりしています。
◇ 自己本位で自意識が強いです。



(2)食神の働きが悪い場合

食神が太過して強すぎる場合

 性質はやや偏屈で他人に対する思いやりが少なく内向性である。
◇ 企画力、才気は他人より優れたものを持っていますが、積極性や持久力に欠け、その能力を発揮することができません。
その結果、ジレンマに陥り孤独となり、反動として享楽的な生活に走りやすいです。
◇ 学技芸に関心が高く何にでも首を突っ込みますが、何一つとして完成することなく抜け出してしまいます。
◇ 健康面でも病弱とまではいきませんが疲れやすく腺病質です。
◇ 経済的にも恵まれたほうではなく、家庭内ではケチですが、外飾性が高く衣食住にも困窮をきたしやすいです。
◇ 職業は小才があるため、商売をしたがりますが、その多くは失敗しやすい。

【ポイント】
食神も3個以上ありますと、傷官的な様相を帯び、自己中心的で人の言に耳を傾けず、自分の世界から外に出ようとせず、意に沿わないことがあれば人が変わったように癇癪を起こしたりするなど、子供じみた対応が出てきます。
身弱で食傷が多いと、気兼ねが強く、消極的で常におどおどした人間になります。


食神が弱すぎる場合

◇ 向上心がなく享楽性が強く、明日を考えずその日が楽しければ良く、その上少しのことにでも動揺して他人の顔色を気にして一喜一憂する不安定な性格です。
◇ 学芸の才能がないのに、知ったかぶりをして世間の信用を失い、衣食の ために苦労しますが、得るところが少なく、逆に不時の災厄に苦しみます。
◇ 健康にも恵まれず病的です。
◇ 家庭第一主義というよりは、家や身を飾ることに熱心で身分不相応な物 を買ってはその金策に困って家族を泣かすことが多いです。
◇ 職業は、飲食業の店に勤務する場合が多いですが、社員で一生終わり、家庭耗散の命です。

【ポイント】
命式中に偏印が多いとか、食神のエネルギーが弱いと、精神状態が不安定で、心身ともに定まらず、神経質でノイローゼになることもあります。



(3)月支食神の能力発揮の方向性

◇ 公務員や金融関係など実務的で堅実な仕事、衣食住に関連する仕事、あるいは日用品関係などの仕事に勤務することが第一で、海千山千のいる世界での営業活動とか、肉体に汗して働くような仕事は苦手でしょう。

◇ 選択する職場も仕事の内容よりも、職場のアットホームな雰囲気に引かれて仕事するタイプですので、できるだけ明るい職場で能力を発揮します。

【適性・適職】
・ 食料品の販売業、すし屋、レストラン、喫茶店などの飲食業
・ 不動産業、銀行、質屋、クレジット会社
・ 商業全般、芸術関係、タレント、各種サービス業など


(4)月支食神の恋愛の方向性

◇ 男性及び女性とも、鷹揚でゆったりしていて悪気がなく、笑顔がよく似合う人であるから、モテる人です。
ロマンティストで社交好きでもあるので、女性はどこでも人気者になってなぜか嫌われにくい人です。

【ポイント】
男女とも食神が太過しますと、快楽に溺れるようになり、昔から色情に厚いと言われています。
男性は、食神は精液を意味しますので、食神が太過しますと、当然、精液を出すことが多いことから、色情に厚いと言われ、女性は子どもの因子である食神が太過するわけですから、子どもを作る行為が多いとされ、やはり色情に厚いと言われています。 


(5)日支食神の配偶者のタイプ

【男性】

◇ 鷹揚でゆったりしていて、あまり物ごとにこだわらず、衣食住に恵まれ、体質豊かな女性と縁があります。

【女性】

◇ 陽気で包容力があって、社交好きで話し上手な男性と縁はありますが、 この人はちょっと危機意識が薄いとか、考え方が少し甘いかもしれません。

◇ 子どもっぽく、我がまま、自由奔放で、言いたいこともズバっと言いますが、なぜか憎めないような愛想のある男性と縁があります。


(6)月支食神のお金の取り扱い方

◇ この人は、お金に困ることはないかもしれませんが、自制心があまりなく、遊び心が旺盛なため、風俗やお酒やギャンブルにのめり込んで抜き差しならないようなこともありますので、お金に苦労しないとはいっても、注意しましょう。

◇ また、衣食住に自然に恵まれことが多いため、ファッションに凝ったり、グルメに凝ったりしますが、限度をわきまえないため、お金を使いすぎて失敗しやすいので要注意です。

◇ 決断力と克己心を養いましょう。


(金運アップ)

◇ 衣食住には自然に恵まれる人が多いため、お金の運用にも油断しがちで、結果的に他人に騙されるようなこともあるので、人の持ってくるお金儲けの話などには決して乗らないように留意することが大切です。
生に対する危機意識を持つ必要があります。



実 例 診 断

以下の実例では、性格のポイントだけ記載しています。

1 1966年(昭和41年)4月27日 生時不明 男性

【日支と月支に食神が並んでいる事例】

■ 命式の解説
◇ 月支と日支に食神が並び、そのうえ年柱の比肩や劫財からもエネルギーが補給されています。
◇ 日干のエネルギーも冠帯2個と帝旺があり、そのうえ比肩劫財もあって、強さが感じられます。
◇ 非常に良好な命となっていますが、おしむらくは、月支と日支の辰辰の自刑が玉に傷です。
◇ 食神そのものは、負けずきらいのなかに穏やかさを秘めていますが、このように食神が2個とその食神が劫財から生じられるようになりますと、傷官的になり、高慢で目上や上司に対する反発力も強まってきます。
もし、女性なら、異性や夫にたいする不平不満の多い人となります。
◇ 全体的には、旺盛な根性を持ち、堅実な勤勉型、不屈の信念で確かな地歩を築いていきますが、やや独断専行のきらいがあります。
◇ 見た目も偏官の影響で、義理や人情を重んじ、かたくななまでに約束を守ろうとします。
◇ 金銭感覚も貪欲でときには厚かましいぐらいの行動に出ます。


 
 
 
 

 




 





 





 





 





  





 



 



 


 







 



2 1960年(昭和35年)5月26日 生時不明 女性


【月支の食神がしっかりしている事例】

■ 命式の解説
◇ 月支食神で日支の比肩から生じられて強くなっているのが良いです。
◇ 日干も比肩と印綬があり、そのうえ地支に建禄もありますので、中旺程度はあります。
◇ ただ、この命式も上記の例と同じで、日支と月支に寅巳の三刑があるのが玉に傷となっています。
◇ 全般的には、のんびりしていますが、全体的にバランス感覚が良く、上品な風格があるとともに、落ち着いています。目下や子女に対する躾や教育が行き届いた人です。
◇ 見た目の性格は正官が影響し、確実性が期待でき、他人を困らすことが少ないです。
◇ 金銭感覚は、ビジネスセンスがあって、経済観念に明るいです。


 
 
 
 

 




 





 





 





 





  





 



 



 


 





 





3 1967年(昭和42年)4月17日 生時不明 女性


【日干および食神ともエネルギーの弱い事例】

■ 命式の解説
◇ 月支食神は、周囲の3個の財星からエネルギーを盗まれ、やや弱っている状態です。
◇ 一方、日干も比肩や劫財、あるいは偏印、印綬がなく、そのうえ強い根もないため、相当弱いと認定できます。
◇ 全般的な傾向としては、気力が不足し、何ごとにも消極的に終始しやすいですが、根はまじめで律儀な人だと思われます。財星が多く、親の因子である印綬を剋すため、自分が意識するしないにかかわらず、親不孝の人となりやすいです。
◇ 月支食神のエネルギーはやや弱いとはいえ、愛情が豊かで、人生の苦労にかんたんに負けず、むとんちゃくなところはありますが、人の信用は得やすいです。
◇ 見た目は月上正財の影響で、利益確保の念が強く、人の機嫌をうまく取り結ぶか、慇懃無礼(いんぎんぶれい)で、ムダな努力ははじめからしないところがあります。


 
 
 
 

 




 





 





 





 





  





 



 



 


 




 



4 1966年(昭和41年)9月16日 生時不明 女性


【月支食神が瀕死の状態になっている事例】

■ 命式の解説   
◇ 月支食神ですが、周りをすべて印星で取り囲まれているため、食神は印星から剋を受け、息も絶え絶えの状態になっています。
◇ 一方、日干も印星太過によって偏旺の状態になっており、自分の力で足腰が立たないような状態です。
◇ 女性の場合ですと、子どもの因子である食神が印星4個からやっつけられていますので、子ども縁が薄いとか、あるいは、子どもを授からないようなことも推測されます。
◇ 全般的な傾向としては、食神の鷹揚さが失われ、いつもおじおじしたところがあり、精神が萎縮しやすくノイローゼに発展するようなことも考えられます。
◇ 印星太過によって、自分のことしか考えず、欲が深く、他人に対する思いやりが不足し、施すことも好みません。
◇ 見た目は、人の対応にはソツがないようなところがあります。


 
 
 
 

 




 





 





 





 





  





 



 



 


 





 







 
 Copyright (C) 2014 四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室 All rights reserved.   △トップ