四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室

   一問一答集   質疑応答集   実例診断集   質問メール送信
  四柱推命用語辞典 【あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行


参 考 資 料
性質一覧表
相性一覧表
素質一覧表
五行関係表

おすすめサイト

生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い

性格はしぐさ・癖・見た目で一瞬でわかる

人相による結婚相手の選び方

素敵な彼の心をつかんでステキな結婚をしよう

結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座

男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう

モテる男・女の恋愛メールテクニック

男を引き寄せる恋愛指南

しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう



   厄年について
1 世間一般では、女性は33歳、男性は42歳が厄年といわれています。
  これは、どういうわけで定められたか原因もはっきりしませんが、ある基本数が
  出発点となって厄年が決められています。
  その基本数は15で、現代では、この15が人生行路が決まる魔の数字
  として恐れられているそうです。
  その後は、男性、女性を問わず、15に一律に9をプラスした年齢が厄年
  になるということで、まったくいわれがなく、気にされる必要はありません。

   ※15に一律9をプラスしますと
     24歳、33歳、42歳、51歳、60歳になります。



2 女性の33歳前後は、お産年齢に当たり、ちょうど女盛りに入る直前で、
  結婚して数年経過、実家の庇護から離れ、新しい生活に対応しなければ
  ならない年代で、このため体調も、夫婦関係も不安定な年ごろですし、加
  えて育児の煩雑、夫の親や親戚、近所とのつきあいによる心理的不安な
  ど、外見ではうかがえない内面の安定をいちじるしく欠くころであります。

3 男性の42歳前後は、何かとわずらわしい働き盛りで、妻子を養い、ロー
  ンの一つも払わなければならない年ごろですから、この前後の10年間は、
  面倒なことが何もない男は、男として責任を果たしていない、むしろダメ男で
  あります。

4 このように、女性も男性も、この頃の年代になると、何かあって当たり前、ま
  して前後の厄を入れると3年、何もないほうがむしろ不思議で、これを厄だ
  といって世間を騒がすことはもってのほかであります。

5 こんな他愛もないことを厄だといって、堂々と標榜し厄除け祈願と称しては
  ばからない向きが世の中には相当いますので、じゅうぶんご用心下さい。

6 四柱推命学で厄年は何かと言われたら、元辰殺運ではないでしょうか。

 これについては、第18回目の講義で説明させていただきますので、ここでは
 省略いたします。






 
 Copyright (C) 2014 四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室 All rights reserved.   △トップ