四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室

【第1回目講義(入門編)】
   一問一答集   質疑応答集   実例診断集   質問メール送信
  四柱推命用語辞典 【あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
第1回目講義

 は じ め に

四柱推命学は自分を見つめる学問


四柱推命学は人間分析学として成り立ち得るのか
(1) 宇宙の進化過程の中で人間誕生
(2) 宇宙を貫く根本原理とは何か
@根本原理T・・・二元論
A根本原理U・・・五行原理
(3) 人間分析学として成り立つか。
(4) 分析方法はどうか。


四柱推命学の歴史と鑑定方法の変遷
(1) 四柱推命学の歴史
(2) 鑑定方法の変遷


四柱推命学で何が分かるのか。
(1) この学問ではどの範囲まで分析できるのか。
(2) この学問で、分析できないのは、どのような範囲か。
(3) 四柱推命学の限界はどういうところにあるのか。


四柱推命学はなぜ生年月日時刻を重視するのか


四柱推命学の正しい勉強の仕方


おすすめサイト

生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い

性格はしぐさ・癖・見た目で一瞬でわかる

人相による結婚相手の選び方

素敵な彼の心をつかんでステキな結婚をしよう

結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座

男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう

モテる男・女の恋愛メールテクニック

男を引き寄せる恋愛指南

しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう





   5 四柱推命学はなぜ生年月日時刻を重視するのか

(1) 自分自身の存在証明は何か。

  
人間がこの宇宙と対峙(たいじ)したとき、自分自身の存在を証明
 できるのは、生まれた年月日時刻しかないのではないかと考えられま
 す。




 自分の名前があるではないかと言われる方があるかもしれませんが、名前な
 ら同姓同名の名前があることと、いつの時代に生きた人かも分かりません。
 それでは、生年月日でも同一生年月日に生まれた人がいるではないかと言
 われるかもしれませんが、生年月日のばあいには、まず生まれた時間と分と
 秒までが同じであることは、ほとんどなく、たとえあっても、同じ東経緯度のとこ
 ろで生まれることは不可能であります。


(2) 宇宙は時間と空間の織り成す綾である。

  この宇宙は時間と空間で成り立っており、時間は陽とし縦の線で象徴さ
 れ、空間は陰とされ、その広がりは横の線で象徴されます。

 一般に家系図などを見てみましても、横に書いていくということなどはなく、
 当然、先祖から下へ向かって時間的経過で書いていくことになり、時間その
 ものは縦の線で表わすというのは、自然な考え方であります。

 また、空間というものは、三次元の広がりは持っていますが、象徴的には横
 の広がりとして表示されるのが自然であります。
 
われわれは、この時間と空間の交差した一点で生まれ、この宇宙で
 自分の存在を証明できるのはその一点でしかありません。


時間
空間 空間
時間


(3) 年・月・日・時は何を表しているのか。

 このような年・月・日・時を改めて考えてみますと、

 @ 1年は太陽が銀河系宇宙の中心を中心にしてまわる角度であると言え
  ます。

 A 1ヶ月は太陽を中心にして地球が回る角度であります。

 B 1日はその中で地球が太陽に対する「12分の1」の内の「30分の
  1」ないし「31分の1」の角度であるといえます。

 C 1時間は1日の内の「24分の1」の角度であるといえます。

 ということで、一人ひとりの生まれた瞬間の宇宙における時間と空間の交点
 は、生年月日時刻であらわされ、それはあなたの生まれた場所と宇宙と対
 峙したときの角度で決められます。



(4) なぜ、生年月日時刻を重視するのか。

 @ 
このように人間がこの宇宙と対峙したとき、自分自身の存在が証
  明できるのは、生まれた年月日時刻しかありません。

  そして、時間と空間で成り立っているこの宇宙は、その始まり(ビッグバン)
  のときから、五つのエレメント(五行)がたえることなく、規則正しく、周流
  循環していると仮定するなら、われわれが生まれた一瞬をとらえて、その時
  の五行の状態がどうなっているのかを明確に把握できるのではないかと考え
  ます。
  これが把握できるなら、その五行のエネルギーも取り調べられ、その結果、
  体と用の分析が可能となり、ひいては人間分析も可能であると結論づけ
  られます。

 A すべての学問に通じることですが、とくに化学とか科学、あるいは宇宙を
  取り扱うような学問は、その研究の一歩は、すべて仮説を立てることから
  始まります。
  現在の最先端の量子力学におきましても、だれも原子核とか中性子を直
  接肉眼(顕微鏡)で見たものはいないわけですから、これもこうあるべき
  だという仮説であります。ブラックホールにしても一種の仮説であります。

 B 
この四柱推命学も、この宇宙は二象一態と五つのエレメントから
  成り立っていると考え、それを表明しているのが古来から伝わってい
  る干支であるのではないかと仮説を立て、現在のところ、この干支を
  よりどころとして研究しているのが実情です。

  したがって、干支よりもっと明確に陰陽五行のエネルギーを測れる仮説が
  あれば、いつでも採用する用意がありますが、現在のところ、気圧の高低、
  地磁気の強弱、電磁波の影響、宇宙線の質量なども、計測することが
  可能でありましても、陰陽五行の関連の証明ができませんので、むずかし
  いのではないかと思います。

 C いずれにしましても、仮説を立てた以上、そこから先の分析は、まさしく
  科学であり、何ら迷信視すべきところはありません。
  現代看法は、一般に流布しています四柱推命術とか四柱推命占いなど
  というものとは、四柱推命の名称は似ていますが、根本的な取り組み内
  容としては、全くそういうたぐいの低レベルのものではありませんので、真剣
  に研究するだけの価値があると思います。





 
 Copyright (C) 2014 四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室 All rights reserved.   △トップ