四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室

【第3回目講義(初級編)】
   一問一答集   質疑応答集   実例診断集   質問メール送信
  四柱推命用語辞典 【あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
第3回目講義

カルテの構造と各ポジションの名称


カルテの作成-1
 
(1) 生年の干支の求め方
 
(2) 生月の干支の求め方
 
(3) 生日の干支の求め方
 
(4) 生時の干支の求め方


カルテの作成-2
 
(1) 空亡の記載
 
(2) 刑冲会合の記載
 
(3) 五行表の作成


カルテの作成-3
 
(1) 地支蔵干の出し方
 
(2) 干合の出し方


カルテの作成-4
  通変星の出し方


カルテの作成-5
  十二運星の出し方
  羊刃の出し方


カルテの作成-6
 
(1) 大運の立運について
 
(2) カルテと大運の関係について
 
(3) 大運制定法と立運について
 
(4) 命式の事例による具体的計算


   第 3 回 目 講 義 ( 目 次 )

 はじめに

 
ここでの講義は、運勢や本質鑑定に絶対欠かせないカルテの作成
  についてご説明しますので、実際に自分自身で作成してみてくださ
  い。

  自分で作ってみますと、いかに大変でわずらわしい作業かということがだん
  だん分かってきます。



  私も習い始めの頃は、この作業が嫌でやめてしまおうかと思ったこともあり
  ましたが、これについては、私自身が、「カルテ自動作成支援ソフト」を開
  発しました。
  ですから、
これからの講義につきましては、そのソフトを利用していただ
  きますので、煩わしい作業をする必要はありません。ご安心下さい。


  また、本来なら、カルテ作成のための講義時間にかなり費やしていまし
  たが、これからはカルテ作成の説明がかなり省略できることとなり、できるだ
  け早く本論に進みたいと思っていますので、よろしくお願いします。

 ※ カルテは、「四柱命式表」とか、たんに「命式」ともいわれます。

【注意事項】
ただ、「カルテ自動作成支援ソフト」があるとはいえ、カルテ作成がど
 のような原理に基づいてできあがっているかについては、今後の分析に
 おいて絶対的に必要になりますので、カルテ作成方法の手順と原理
 については、じゅうぶん理解しておいていただきたいです。


        
これが、実際のカルテの完成例であります。

     (男子) 昭和44年2月2日 午前10時10分生まれ

【三合等】
−−−


【支 合】
申−巳


【七 冲】
−−−


【三 刑】
巳×刑


【干 合】
−−−






1歳

順行運


節入後

27

13
時間












食神格

 
 
 
 

 


 
 
 





 





 





 





  





 



 



 


 

       









 


  カルテの構造と各ポジションの名称

   これから、カルテ内の各ポジションの名称がいろいろ出てきますので、途中
  で分からなくなりましたら、この項目をクリックして復習してください。




  
カルテ作成の手順

  これらの作業を順序よくこなすためには推命学独特の法則があり、いささ
 か煩わしいきらいがありますが、人間の内面や命運をくわしく分析し診断す
 るためには、より一段とこまかく分類し、データ化しなければなりません。

 はじめは誰でも不慣れのため少々、とまどいがありますが、根気よく続けて練
 習しますと、たいしてむずかしいことはありません。
 慣れるにしたがいまして、天意がわたしたちに何を示しているのかが、それとな
 く理解できるようになり、興味の尽きない学問だなあと実感してくるようになり
 ます。

 なお、通変星とか干合などの意味につきましては、次回以降で一つ一つ勉
 強していきますので、ここでは、カルテの作成に必要な事項のみにとどめてい
 ますので、ご理解下さい。 


 
カルテの作成-1
   まずは、生年、生月、生日、生時の干支を求めます。
  
(1) 生年の干支の求め方
  
(2) 生月の干支の求め方
  
(3) 生日の干支の求め方
  
(4) 生時の干支の求め方

 
カルテの作成-2
   四柱の干支が求められれば、次は、空亡及び刑冲会合(上記のカルテ
   完成例の一番左の列のことです)、五行表を作成します。
  
(1) 空亡の記載
  
(2) 刑冲会合の記載
  
(3) 五行表の作成

 
カルテの作成-3
   ここまでできますと、次は、地支蔵干と干合を求めます。
   蔵干(ぞうかん)・・カルテの四地支に含まれています2、3個の干
  
(1) 地支蔵干の出し方
  
(2) 干合の出し方

 
カルテの作成-4
   次には、通変星を求めます。
   通変星(つうへんせい)・・・・比肩から印綬にいたる10個の因子
    通変星の出し方

 
カルテの作成-5
   最後に、十二運を算出してカルテの完成ということになります。
   十二運(じゅうにうん)・・・・・長生から養にいたる12個の因子
    十二運星の出し方
      十二運(じゅうにうん)・・・長生から養にいたる12個の因子
    羊刃の出し方

 
カルテの作成-6
   最後に、大運の立運を算出してカルテの完成ということになります。
  
(1) 大運の立運について
  
(2) カルテと大運の関係について
  
(3) 大運制定法と立運について
  
(4) 命式の事例による具体的計算



 以上でカルテ作成方法についての説明を終わらせていただきます。
 皆様方がしっかり理解できているかどうか、問題を提示させていただきます
 が、ここでは、ソフトをいっさい使用しないで、自分でノートに書きとめていた
 だきたいです。

 この作成の原理が理解できませんと、たとえコンピューターで自動でカルテ
 作成ができましても、これから以後の講義がさっぱり理解できないことになり
 ますので、よろしくお願いします。

 なお、回答結果については、お持ちのソフトでご確認ください。

 例題について





 
 Copyright (C) 2014 四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室 All rights reserved.   △トップ