四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室

【第2回目講義(入門編)】
   一問一答集   質疑応答集   実例診断集   質問メール送信
  四柱推命用語辞典 【あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

第2回目講義

五行と十干、十二支
十干の天における五行区分表と類推事象
十二支の地における五行区分表と類推事象
十干・十二支の五行区分表


五行の相生相剋関係
 (1) 五行の相生関係について
 
(2) 五行の相剋関係について


六十干支について



おすすめサイト

生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い

性格はしぐさ・癖・見た目で一瞬でわかる

人相による結婚相手の選び方

素敵な彼の心をつかんでステキな結婚をしよう

結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座

男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう

モテる男・女の恋愛メールテクニック

男を引き寄せる恋愛指南

しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう



   2 五行の相生相剋関係


 下記の表は、五行の相生(そうしょう)五関係の読みかたです。
 
相生とは互いに生じ生じられることの意味で、どちらがその主体になる
 ものではなく、互いに密接不可分な深い関係の中でその状態を作り
 出しているさまをいいます。

 これらの関係をもっと分かりやすく言えば、



木(き)は燃えて火を生じ
火(ひ)は燃え尽きて灰になって、土を生じ
土(つち)は金鉄を埋蔵して、掘り出され
金(きん)は冷えて水を生じ
 (金はまわりの温度より冷たいため、水蒸気が冷えて水滴になり
  ます)
水(みず)は水分を木(植物)に供給して成長を助けます。

 
このように、木→火→土→金→水というように、めぐりめぐってとどまるこ
 とがありません。
 これらの関係を相生関係と言います。



             
相生関係は次のようになります。
 相生関係 読み方 エネルギーの流れ
木 生 火 もくしょうか 木 ⇒ 火
火 生 土 かしょうど 火 ⇒ 土
土 生 金 どしょうきん 土 ⇒ 金
金 生 水 きんしょうすい 金 ⇒ 水
水 生 木 すいしょうもく 水 ⇒ 木

相生図



 ※ 生じる作用とは、「あるもの」が「あるもの」を見て、その相手の因子にエ
  ネルギーを補給し、強める作用


 
 生じられると良いようにも考えられますが、何ごともエネルギーのバ
  ランスが大切であります。

  たとえば、
は火を生じるとはいえ、木が多いと、火は逆に燃えません。
は土を生じるとはいえ、火が多いと土は焦げて役に立ちません。
は金を生じるとはいえ、土が多いと金は土から掘り出すことができ
  ません。
は水を生じるとはいえ、金が多いと、水は濁って鮮明度を失いま
  す。
は木を生じるとはいえ、水が多いと、木は腐って枯れます。
  このような状態を「母慈(ぼじ)、滅子の弊(めっしのへい)」を招
  くといって、一人の子に対して母が多すぎるたとえとして、子どもを甘
  やかして過保護にして、将来子どもが社会に出て自立できないよう
  な状態のことをいいます。




 下記の表は、五行の相剋(そうこく)五関係の読みかたです。
 
相剋とは互いに剋し剋されることの意味で、どちらがその主体になるも
 のではなく、互いに密接不可分な深い関係の中でその状態を作り出
 しているさまをいいます。
 剋とは、本来、勝つ、耐える、できる、よくする、決めつけるなどの意が
 ありますが、反面、相手にきびしい姿勢で接する、むごい仕打ちをす
 る、相手を虐げるなどの意味も併せ持っています。



 これらの関係をもっと分かりやすく言えば、
木(き)は、土(つち)の養分を吸収して成長します。
土(つち)は、自由奔放に流れようとする水(みず)の流れをせき
  とめたり、堤防の役割をします。
水(みず)は、いつまでも燃えさかろうとする火(ひ)の性状を、消
  しにかかります。
火(ひ)は、本来冷えて堅い状態になろうとする金(きん)を、溶
  かして液状にしようとします。
金(きん)は、まっすぐに伸びようとする木(木)の性状を、斧鋸
 (きんきょ)となって切り倒します。

               次のような関係になります。
相剋関係 読み方 剋す関係
木 剋 土 もくこくど  木 ⇒ 土
土 剋 水 どこくすい 土 ⇒ 水
水 剋 火 すいこくか 水 ⇒ 火
火 剋 金 かこくきん 火 ⇒ 金
金 剋 木 きんこくもく 金 ⇒ 木

相尅図

 ※ 剋す作用とは、「あるもの」が「あるもの」を見て、その相手の因子のエネ
   ルギーをそぎ、弱まらしめる作用


  
この剋については、悪いイメージがありますが、決してそのようなこ
  とはありません。

  たとえば
木は、土の中にある栄養分を適度に取ることによって成長します。
土は、水を適度に制御することによって、洪水の氾濫から、人間を
  生命を保護します。
水は、火を適度に抑制することによって、人間の文明をささえてきま
  した。
火は、金を適度に溶かすことによって、人間に役立つ自動車やテレ
  ビが生産されます。
金は、木を適度に伐採することによって、人の役に立つ用材となり
  しっかりした家が建ちます。

 このようにエネルギーのバランスが取れたカルテ(第3回目以降で学習しま
 す)でありますと、その人は必ず、社会的活動力が大きく人のための役に
 立つものと推測されます。


  
ただ、これらの剋の関係も、エネルギーのバランスを欠きますと、大
  いなる弊害を招きます。

  たとえば、
木は土を剋すとはいえ、木が多すぎますと、土は木の根で崩壊して
  役に立ちません。
土は水を剋すとはいえ、土が多すぎますと、水はすべて土に吸収さ
  れて、田畑を潤す水になりません。
水は火を剋すとはいえ、水が多すぎますと、火は消えて冬の寒さに
  暖は取れず、料理もできません。
火は金を剋すとはいえ、火が多すぎますと、金は溶けて水蒸気に
  なり、指輪一つできません。
金は木を剋すとはいえ、金が多すぎますと、用材どころか、チップに
  されて家の建築はできません。

 このようにエネルギーのバランスが崩れたカルテ(第3回目以降で学習しま
 す)でありますと、その人は社会に出ても必ず紆余曲折の人生を余儀なく
 されるものと推測されます。






 
 Copyright (C) 2014 四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室 All rights reserved.   △トップ