四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室

【第6回目講義(初級編)】
   一問一答集   質疑応答集   実例診断集   質問メール送信
  四柱推命用語辞典 【あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
第6回目講義

七冲について
 
(1) 七冲が意味するもの
 
(2) 七冲とは、どういう状態のことか
 
(3) 七冲作用の強弱


三刑について
 
(1) 三刑の種類
 
(2) 三刑が意味するもの


空亡について
 
(1) 空亡の作用
 
(2) 通変星に及ぼす影響


羊刃について
 
(1) 羊刃の種類
 
(2) 羊刃が持つ意味
 
(3) 羊刃の吉凶両面の作用


生剋化合の原則について



おすすめサイト

生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い

性格はしぐさ・癖・見た目で一瞬でわかる

人相による結婚相手の選び方

素敵な彼の心をつかんでステキな結婚をしよう

結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座

男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう

モテる男・女の恋愛メールテクニック

男を引き寄せる恋愛指南

しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう


   5 生剋化合の原則について

 ここでの項目の説明は、非常に高度な命式の分析方法を解説しています
 ので、もし、理解できないところがありましたら、いつでもメールでご連絡下さ
 い。
 四柱推命学の研究学徒のために、私の分かる範囲で、できるだけ回答さ
 せて頂きたいと考えています。



 1 刑冲会合等の成立関係

(1) 三合又は方合について

 
三合または方合については、柱の位置に関わらず、すべて成立すると
 みます。

 ただし、帝旺の星が空亡するか、帝旺の星と冲するものがあれば、三合また
 は方合は成立しないとみます。


(2) 刑冲について

 
隣接する柱のみ成立するとします。
 ただ、隣接していなくても 刑冲の関係は存在するとは見ますが、関係が
 希薄でありますので、重視しません。
   年支と月支の関係
   月支と日支の関係
   日支と時支の関係


(3) 半会について

  
これも隣接する柱のみ成立するとします。


(4) 干合について

  遠合、縦干合、斜干合などは特殊な場合を除き、干合するとは
  見ません。
  干合五行を剋す干合五行があれば、剋された方の干合は成立す
  るとは見ません。

  例:命式の中に、丙辛(水)と甲己(土)があれば、丙辛(水)の干合は
  解消したとみなします。


 2 刑冲会合によるエネルギー関係

(1) 他の関係に対する外的パワー

 
この関係については、地支が団結するなどして、安定した状態に保
  とうとするエネルギーをプラス要因とし、地支の安定した状態を破壊し
  ようとするエネルギーをマイナス要因であらわしています。

  下の表からも分かりますように、

  
半会があれば、「プラス0.3」の団結したエネルギーがあるとします。

半会とは、
  地支三合のうち、帝旺の星を交え二支がそろうことで、たとえば、
  「巳酉丑」の三合金局のうち、「巳」と「酉」がそろうとか、「酉」と「丑」
  がそろう状態です。
  ただし、「巳」と「丑」がそろっていても、帝旺の星である「酉」が入っ
  ていないので、半会しているとは見ません。

  
支合があれば、半会の団結力は強く、そのエネルギーは強く、
    「プラス0.7」とみます。


  
三合や方合があれば、半会や支合の団結力よりもさらに強く、
    そのエネルギーは、 「プラス1.3」とみます。


  
三刑があれば支合などと反対で、地支の破壊要因となり、
    そのエネルギーは「マイナス0.7」 とみます。


  
七冲があれば、三刑よりさらに強い地支の破壊要因となり、
    そのエネルギーは「マイナス1.0」 とみます。

半 会  +0.3 プラス要因 半会があれば、+0.3の連携エネルギーがあるとみます。
支 合  +0.7 プラス要因 支合があれば、+0.7の連携エネルギーがあるとみます。
三 合  +1.3 プラス要因 三合があれば、+0.3の連携エネルギーがあるとみます。
方 合  +1.3 プラス要因 方合があれば、+0.3の連携エネルギーがあるとみます。
三 刑  −0.7 マイナス要因 三刑があれば、連携エネルギーが−0.7消耗するとみます。
七 冲  −1.0 マイナス要因 七冲があれば、連携エネルギーが−1.0消耗するとみます。
空 亡  −0.7 マイナス要因 空亡があれば、連携エネルギーが−0.7消耗するとみます。

これらの関係が複合すれば、どうなるの?

同一命式に支合と七冲が同時にある
  支合のプラス0.7と七冲のマイナス1.0を合計すればよく、
  マイナス0.3ということになります。
  
【0.7+(−1.0)=−0.3】
  この結果、支合はまったく解消されて、七冲の破壊力は
  マイナス0.3だけは残るということになります。


同一命式に三刑と空亡が同時にある
  三刑のマイナス0.7と空亡のマイナス0.7を合計すればよく、
   マイナス1.4ということになります。
  
【(-0.7)+(−0.7)=−1.4】
  この結果、三刑も空亡も同時に存在し、地支に対する破壊度だけ
  が強まり、地支の安定度は 相当低いということになります。


同一命式に方合と三刑が同時にある
  方合のプラス0.3と三刑のマイナス0.7を合計すればよく、
  プラス0.6ということになります。
  
【0.3+(−0.7)=0.6】
  この結果、三刑は方合によって解消されますが、方合の団結力
  は、三刑の解消にエネルギー を消費した結果、0.6だけプラスのエ
  ネルギーが残ることになります。
  これでもじゅうぶん地支は安定していると判断できます。


(2) 内的に変化するパワー

  (1)の関係は、地支の団結力と破壊力のエネルギーを見ようとするもので
   したが、この項目では内的に変化するエネルギーを見ます。
   具体的に説明すれば、干合という状態になれば、お互いに睦み合う気
   持ちが強く、いうなれば恋愛感情を優先して、本来の役割なり仕事を忘
   れてしまうような状態となりますため、干合している干のエネルギーは50
   パーセントに減少してしまうということです。

  下の表からも分かりますように、




  
支合があれば、その地支のエネルギーが0.15アップすると見ます。
    (15%のアップ)


  
三合があれば、次のような内的エネルギーの変化があります。

   
【たとえば「申子辰」の三合水局があるとした場合】

    
帝旺の星である「子」にエネルギーが集中するとして、
    本来一(いち)のエネルギーであったものが

    
「1.8」のエネルギーに強まる
と見ます。

    それでは
長生の星である「申」とか、墓の星である「辰」
    どうなるかといえば、
    本来一(いち)の強さであったものが「0.7」ダウンし、
    「0.3」のエネルギーになるとみます。


    そうしますと、本来、
    三支合わせて
「3.0」のエネルギーがあったものが、
    「申」と「子」と「辰」のエネルギーを足しますと、
    「
2.4=1.8+0.3+0.3」のエネルギーにしかならず、
    
「0.6」のエネルギーが不足します。
    
この「0.6」は、合体するためのエネルギーとして
    浪費してしまったと考えます。



  
方合があれば、次のような内的エネルギーの変化があります。

   
【たとえば「寅卯辰」の東方合があるとした場合】

    
三支の連携は強力で、三支がそろって1個の星(卯)に同化
    され、エネルギーも「2.4」になるとみます。

    方合の結合は純粋であるため、三合のように長生や墓の星に
    帝旺の星以外のエネルギーが残存するようなことはありません。
    ただこの場合も、「0.6」は、合体するためのエネルギーとして
    浪費してしまったと考えます。


  
三刑があれば、その地支のエネルギーは30%ダウンすると
    みます。


  
七冲があれば、その地支のエネルギーは50%ダウンすると
    みます。


  
空亡があれば、その地支のエネルギーは50%ダウンすると
    みます。


  
なお、ここで地支のエネルギーが減少したり、増加するということ
    は、その地支から出た蔵干のエネルギーも、それに合わせて増
    減するということになりますので、ご留意ください。


干合  両者とも(−0.5)ダウン 干合すると、その通変星のエネルギーが−0.5ダウンするとみます。
(50%ダウン)
支合  両者とも(0.15)アップ 支合すると、その地支のエネルギーが+0.15アップするとみます。
(15%アップ)
三合  帝旺の星が(1.8)にアップ
 長生と墓は(1.0)が(0.3)にダウン
 全体では、2.4に強化
三合すると、帝旺の星が1.8にアップし、長生と墓の星は本来の1.0のエネルギーが0.3にダウンするとみます。
方合  合体し1個となり、(2.4)に強化  方合の結合は三合と違い純粋なため、合体して1個の星になると考えられ、団結力は2.4に強化されるとみます。
三刑  両者とも(−0.3)ダウン 三刑すると、その地支のエネルギーは、本来の1.0から−0.3ダウンし、両地支とも0.7になるとみます。
(30%ダウン)
七冲  両者とも(−0.5)ダウン 七冲すると、その地支のエネルギーは、本来の1.0から−0.5ダウンし、両地支とも0.5になるとみます。
(50%ダウン)
空亡  (−0.5)ダウン 空亡すると、その地支のエネルギーは、本来の1.0から−0.5ダウンし、0.5になるとみます。
(50%ダウン)
※ この表のエネルギーは、すべて、地支一つに対して、一(いち)のエネルギ
  ーを基準としています。



 3 四柱ポジションの偏差値

(1) 四柱ポジションのそれぞれの強さはどうか。

時柱 日柱 月柱 年柱 
時干 0.8 日干 1.0 月干 0.7 年干 0.6
時支 0.8 日支 0.9 月支 1.0 年支 0.7

  この表は、月支の強さを1.0とみたとき、他の天干地支の日干に影響
  する強さを表します。

    原則として
    年月は軽く、日時は重い
    天干は軽く、地支は重い


   という原則に沿っていることと、この強さは長い年月をかけて研究して
   きた結果、これぐらいの強さであろうと推測されるもので、絶対的な基
   準ではありませんが、この推測値は現代看法によって解明されてきた
   といってもけっして過言ではありません。


(2) ポジション間の連携度
生時 ←→ 生日 ←→ 生月 ←→ 生年
0.8 1.0 0.3

 
ポジション間の連携度は、原則として、

   月日の関係(1.0)が一番強く、次に日時(0.8)の関係
  
年月の関係(0.3)は非常に弱いため、
    たとえ、刑冲があっても、破格とは見ません。


   たとえば、月支と年支が七冲していると、
   七冲の外的パワー(地支に対する破壊力)は、
   マイナス1.0のエネルギーがありますが、
   月支と年支の連携度は0.3となっているため、
   この七冲の破壊力はマイナス0.3にしかなりません。

   
※−1.0(七冲の外的パワー)×0.3(月支と年支の連携度)
                                  =−0.3


  
上記で説明しましたことを実際の具体例で計算しますと、
  次のようになります。


月支が空亡、月支と日支が七冲、日支と時支が支合
  しているような場合を想定します。

   @ 空亡(−0.7)=−0.7
   A 七冲(−1.0)×月日の連携度(1.0)=−1.0
   B 支合(+0.7)×日時の連携度(0.8)=+0.56
     合計=@+A+B=−0.7+(−1.0)+(+0.56)
        =−1.14

  ◇ 当ソフトでは、これらのエネルギーを計算した結果、マイナス
    0.4未満となれば、破格の条件に該当するとして診断して
    います。


 4 例  題

 ここで、数多くの例題を提供し、エネルギー計算をしますので、じゅうぶん
 ご理解いただきますようお願いします。
 当ソフトでは、エネルギーの計算結果を「研究用資料の提供」の項目で
 算出していますので、自分の計算結果が合っているどうか確認されると
 良いです。

   例題はこちらから








 Copyright (C) 2014 四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室 All rights reserved.   △トップ