四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室

【第6回目講義(初級編)】
   一問一答集   質疑応答集   実例診断集   質問メール送信
  四柱推命用語辞典 【あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
第6回目講義

七冲について
 
(1) 七冲が意味するもの
 
(2) 七冲とは、どういう状態のことか
 
(3) 七冲作用の強弱


三刑について
 
(1) 三刑の種類
 
(2) 三刑が意味するもの


空亡について
 
(1) 空亡の作用
 
(2) 通変星に及ぼす影響


羊刃について
 
(1) 羊刃の種類
 
(2) 羊刃が持つ意味
 
(3) 羊刃の吉凶両面の作用


生剋化合の原則について



おすすめサイト

生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い

性格はしぐさ・癖・見た目で一瞬でわかる

人相による結婚相手の選び方

素敵な彼の心をつかんでステキな結婚をしよう

結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座

男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう

モテる男・女の恋愛メールテクニック

男を引き寄せる恋愛指南

しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう


   1 七冲について

 
地支七冲とは、十二支のうち、ある地支から順に数えて七番目に該当す
 る陽支と陽支、または陰支と陰支同士が、互いに剋し合う形を言います。
 たんに七冲とも言います。




 
下表の例のように、すべて対角線上の対象の地支ということになりま
 す。

 方位の対角線上のにある相手の地支は、すべて五行では、水剋火とか、
 金剋木になるような相克関係になり、かつ、陽は陽、陰は陰同士の同性
 の剋になって対立し、戦争の状態になります。

 
だいたいは、仲の悪い支同士の代表的なもので、常に争っているよう
 な状態で、変化、移動、動揺、戦争のような状態です。


 地支七冲を方位的にもう少し説明しますと、北の正位「子」は、南の正位
 「午」と、ちょうど対向しており、かつ、子から順に時計回りに数えまして、
 丑、寅、卯、辰、巳、午と七番目に当たり、五行におきましても、子は「陽
 の水」、午は「陽の火」で、いわゆる水剋火となって、水と火の戦闘状態に
 なります。




 肉親や人事関係のことがら、あるいは各種の事象問題につきまして、各ポ
 ジションごとに次のような因果関係があります。

(1) 年支と月支の七冲

  @ 父子の不和ならびに意見の相違の内在。
  A 祖先や親の援助が得られにくい。
  B 先祖伝来の仕事とか、父の業務を受け継がない。
  C 早く家を出る事情が発生する。
  D 格式が破格する条件に入らない。
    ことなどが考えられます。

(2) 月支と日支の七冲(とくに重要)

  @ その人の基本運命の上に波乱が起きやすい。
  A 夫婦のあいだに考えの違いがあるか、夫婦不和が予想される。
    時運がきますと、離婚同様の別居生活をする事情が発生するか、
    ときには生・死別するようなこともあると判断します。
    ただし、男性の場合は軽く、女性の方はその意味するところが強いと
    します。
  B 情緒不安や迷いが起こるとかの精神的動揺がおきやすい。
  C 健康に恵まれにくいか、なにか持病があるなどして健康上に問題が生
    じやすい。
  D 破格の条件にはいる。
    などが考えられます。

(3) 日支と時支の七冲

  @ 子どもの力を得られにくい。
  A 配偶者と子どものあいだに不和がひそむ。
  B 自分の老後になにか不安な要素がひそむ。
  C 子どもが早く家を出るような事情が発生しやすい。
  D 破格の条件にはいらない。 
    などの意味が考えられます。

(4) 日支と年支の七冲

  @ 父子の相剋が内在する。
  A 自分の配偶者と自分の両親とのあいだが良くない。
  B 破格の条件に入らない。
    などと判断できます。




(1) 吉神は、七冲して不利となりますが、凶神は、七冲によって逆に吉
  となるとする説もありますが、こういう説は採用しません。


  七冲といいますのは、そこに戦闘状態が存在するということでありますので、
  運命的にしろ、運勢的にしろ、いずれも不利・不和になることは免れませ
  ん。
  また、子と午の七冲があれば、戦闘状態になり、この戦闘状態の勝敗は
  「午」の方が「子」に剋されて負けてしまうと思われるかもしれませんが、七冲
  そのものには、勝敗はなく、両々相傷むこととなって、「午」のエネルギーも
  「子」のエネルギーもダメージを負う結果になるとみます。

  ※「両々相傷む」とは、両方の因子が同じように傷がついて、共倒れに
    なるようなことを表現します。

(2) 七冲関係にある地支の一方が空亡すれば、空亡も七冲も解消し
  てしまうという説もありますが、理論的根拠にとぼしいため、採用しま
  せん


  こういう場合には、事態を余計複雑にして、運勢的、あるいは運命的
   にガタガタしたものになりやすいと見ます。

【七冲を採用しない場合】
「年支と時支の七冲」と「月支と時支の七冲」は、
 「遙冲(ようちゅう)」といって、離れたポジション同士の関係となり、
 たとえ影響があっても作用は弱いため、採用しません。



(1)
「子と午」、「卯と酉」は四正に該当する地支であり、方位の対角線上
  にあることと、五行の相剋にもなっていますので、七冲の作用は相当強い
  と見ます。

(2)
「寅と申」、「巳と亥」は四長生に該当する地支であり、方位の対角線
  上にあることと、五行の相剋にもなっていますので、七冲の作用は強いと
  見ます。

(3) 「辰と戌」、「丑と未」は四墓に該当する地支であり、方位のうえでは
  対角線上にありますが、同じ土の五行でありますので、五行の相剋関係
  は成立しません。
  ある場合には、土の冲は良好な作用をすると言われており、七冲作用
  といっても、やや上記のものとはニュアンスが異なると考えられます。
  ただし、
地支が辰、戌、丑、未で地支蔵干に戊か己が出た場合に
  は、本気生まれということになり、この場合には、七冲として採用し
  ます。


  @ 一つは、「雑気財格」、「雑気正官格」、「雑気印綬格」など、いわゆ
   る「雑気格」といわれるような特殊な格があり、このため、初気及び中
   気生まれの人の場合、七冲論を採用しないというのが理由であります。

  A ただし、これらの人でも、本気生まれであれば、七冲論を採用します。








 
 Copyright (C) 2014 四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室 All rights reserved.   △トップ