四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室

【第12回目講義(中級編)】
   一問一答集(T) (U)   質疑応答集   実例診断集   質問メール送信
  四柱推命用語辞典 【あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
第12回目講義

通変星の詳解と成格破格の条件

(3) 食神格について
食神の性能について
食神の特質について
人事関係について
配偶者縁について
四柱から見た食神の意味について
食神雑考
食神格による職業適性
食神格が成格する条件
食神格が破格する条件
後天運について
実例診断

 (3-1) 実例診断

(4) 傷官格について
傷官の性能について
傷官の特質について
人事関係について
配偶者縁について
四柱から見た傷官の意味について
傷官雑考
傷官格による職業適性
傷官格が成格する条件
傷官格が破格する条件
後天運について
実例診断

 (4-1) 実例診断


   第 12 回 目 講 義 ( 目 次 )

 はじめに

 ■ 第11回目の講義に引き続きまして、通変星である「食神」と「傷官」
  について、さらに詳細に勉強していただきます。

 ■ 通変星も勉強してきますと、一般的に「食神」、「偏財」、「正財」、
  「正官」、「印綬」は吉神であり、「比肩」、「劫財」、「傷官」、「偏官」、
  「偏印」は凶神であるように、色分けされていますが、決してそのような
  ことはありませんので、留意してください。
    「吉神」とか、「凶神」であるというように漢字で書きますと、どうしても
  先入観によって通変星のイメージをいだいてしまいますが、本来、「陰」と
  「陽」との関係、あるいは「プラス」と「マイナス」の関係でしかありません
  ので、「吉神」とか、「凶神」というのは、誤解を招く表現であると考えて
  います。
   ただ、古来から言われていますので、一応は、「吉神」とか、「凶神」とい
  う表現で説明することはありますが、通変星の本質は、吉も凶もないとい
  うことを理解しておいてください。吉になるか凶になるかは、日干と格との
  係わり合いの中でしか言えないものです。



 2 通変星の詳解と成格破格の条件

  (1) 比肩について・・・・(第11回目の講義で説明済)
  (2) 劫財について・・・・(第11回目の講義で説明済)

  
(3) 食神格について
    
食神の性能について
    
食神の特質について
    
人事関係について
    
配偶者縁について
    
四柱から見た食神の意味について
    
食神雑考
    
食神格による職業適性
    
食神格が成格する条件
    
食神格が破格する条件
    
後天運について
    
実例診断

   
(3-1) 実例診断

  
(4) 傷官格について
    
傷官の性能について
    
傷官の特質について
    
人事関係について
    
配偶者縁について
    
四柱から見た傷官の意味について
    
傷官雑考
    
傷官格による職業適性
    
傷官格が成格する条件
    
傷官格が破格する条件
    
後天運について
     実例診断

   
(4-1) 実例診断

  (5) 偏財格について・・・・(第13回目の講義で説明予定)
  (6) 正財格について・・・・(第13回目の講義で説明予定)
  (7) 偏官格について・・・・(第14回目の講義で説明予定)
  (8) 正官格について・・・・(第14回目の講義で説明予定)
  (9) 偏印格について・・・・(第15回目の講義で説明予定)
 (10) 印綬格について・・・・(第15回目の講義で説明予定)










 Copyright (C) 2014 四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室 All rights reserved.   △トップ