四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室

【第10回目講義(中級編)】
   一問一答集(T) (U)   質疑応答集   実例診断集   質問メール送信
  四柱推命用語辞典 【あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
第10回目講義

格式について
 
(1) 格式とは何か
 
(2) 格式とは何をもって定めるのか 


内格について
 
(1) 食神格
 
(2) 傷官格
 
(3) 偏財格
 
(4) 正財格
 
(5) 偏官格
 
(6) 正官格
 
(7) 偏印格
 
(8) 印綬格


外格について
 (1) 強旺格
 (2) 棄命格
 
(3) 一行気得格
 
(4) 両神成象格
 
(5) 化気格

実例診断

「体用の理」と相反する外格の採用の可否はどうか。


   第 10 回 目 講 義 ( 目 次 )

 はじめに

 ■ 第1回から第9回までの講義で、基礎的な説明をさせていただきまし
  たので、これからはいよいよ中級偏に入っていきます。
  四柱推命学をマスターするためには、数多くの実例診断を研究されること
  と、一糸乱れず統一された学理を同時に修得される必要があります。
  したがいまして、時間があれば、何回でも、初級偏も復習していただきた
  いと思います。

  
「読書百遍よくその意に通じる」といわれますように、楽をして骨肉になるよ
  うな学問はございませんので、地道な努力を重ねていくしか方法はありま
  せん。


 ■ また、ソフトも活用されておられるとは思いますが、あまりソフトに頼りす
  ぎて、他人の命式を見て素直に受ける感覚(直感)を曇らせないようにす
  ることも大切です。
  素直に受ける感覚とは、命式を一目見て「元気のある人だなあ」とか、あ
  るいは、「気力が不足して何か弱々しいなあ」とか、直感で感じるものであ
  ります。
  理論に裏打ちされた直感というのは、大変大切であります。
  これ以降の講義からは、ソフトの結果のほうが間違っているのではないかと
  いうような疑問を抱いて研究をしていただきたいです。



 1 格式について
  
(1) 格式とは何か
  
(2) 格式とは何をもって定めるのか 
    ■ 内格について
    ■ 外格について


 内格について
  
(1) 食神格
     ◇食神生財格 ◇食神制殺格 ◇専食禄格  ◇三合食神局
  
(2) 傷官格
     ◇傷官生財格 ◇傷官佩印格 ◇傷官破れ尽くす格 
     ◇三合傷官局  ◇傷官帯殺格
  
(3) 偏財格
     ◇財  官  格 ◇財  殺  格 ◇時上一位偏財格 
     ◇三合偏財局 ◇一般偏財格
  
(4) 正財格
     ◇財官双美格 ◇財  殺  格 ◇三合正財局  ◇一般正財格
  
(5) 偏官格
      ◇殺印生化格 ◇財  殺  格 ◇制 殺 格 ◇時上一位貴格 
     ◇三合偏官局
  
(6) 正官格
      ◇官 印 化 格 ◇財官双美格 ◇三合正官局
  
(7) 偏印格
      ◇官 印 化 格 ◇殺 印 化 格 ◇三合偏印局
  
(8) 印綬格
      ◇官 印 化 格 ◇殺 印 化 格 ◇三合印綬局


  外格について
  
(1) 強旺格
  
(2) 棄命格
     ■ 従児格(じゅうじかく)
     ■ 従財格(じゅうざいかく)
     ■ 従殺格(じゅうさつかく)
     ■ 従官格(じゅうかんかく)
  
(3) 一行気得格
     ■ 曲直仁寿格(きょくちょくじんじゅかく)
     ■ 炎  上  格(えんじょうかく)
     ■ 稼  穡  格(かしょくかく)
     ■ 従  革  格(じゅうかくかく)
     ■ 潤  下  格(じゅんげかく)
 
 (4) 両神成象格
  
(5) 化気格
      ■ 化木格(かもくかく)
     ■ 化火格(かかかく)
     ■ 化土格(かどかく)
     ■ 化金格(かきんかく)
     ■ 化水格(かすいかく)

 
実例診断


  「体用の理」と相反する外格の採用の可否はどうか。










 Copyright (C) 2014 四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室 All rights reserved.   △トップ