四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室

                                            主宰者 窪田耿(こうがい)
   一問一答集   質疑応答集   実例診断集   質問メール送信
  四柱推命用語辞典 【あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行


参 考 資 料
性質一覧表
相性一覧表
素質一覧表
五行関係表

おすすめサイト

生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い

性格はしぐさ・癖・見た目で一瞬でわかる

人相による結婚相手の選び方

素敵な彼の心をつかんでステキな結婚をしよう

結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座

男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう

モテる男・女の恋愛メールテクニック

男を引き寄せる恋愛指南

しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう



   【か 行】−四柱推命用語辞典

用 語 解    説
火化
  (かか)
十干の五行の法則で化気五行が火となるもの。戊と癸の干合をいう場合と、十二支の地支三合の法則で火局を構成する寅と戌がある場合をいう。
火局
 
(かきょく)
寅午戌の三地支が三合した形態。
火剋金
 (かこくきん)
五行の火が五行の金と相剋関係になり、火が金を見て金を剋す意。
火土同根
 (かどどうこん)
五行の火と土は元来、同一のものであるとされる説。
化す 五行の相生関係にある二種のうち一種が生じられて、生じる側の勢いをとる作用。
化格
 (かかく)
日干に連なる単数の干合で、その化気五行と同一の五行の月に生まれ、この化気五行を剋す五行がない命式。
化気五行
 (かきごぎょう)
十干の干合により生じる五種の気。甲己は土、乙庚は金、丙辛は水、丁壬は木、戊癸は火の化気五行をつくる。化神ともいう。
化金格
 (かきんかく)
乙日で庚をみる、庚日で乙を見て干合し金化し、かつ生月が申か酉で命中に火の五行のない格式。化格のひとつ。
化殺
 (かさつ)
偏官の勢いを印綬か偏印が偏官から相生関係にある立場を利用して化し和らげる意。およびその作用。
化水格
 (かすいかく)
丙日で辛があるか、辛日で丙があり干合し水化し、生月地支が亥か子の水月、または月支に連なる三合水局がある格式。
解空
 (かいくう)
空亡の状態を解くこと。あるひとつの支神が空亡しても、@支合する。A地支が三合する。B地支が方合する。などはみな、解空する。ただし帝旺の星が空亡する場合、三合や方合で解けても三合や方合の意も解消するとする。また干合により空亡が解けるとする理は存在しない。
会局
 (かいきょく)
十二支の三支が集まって地支三合し、局を成すこと。寅午戌は火局、亥卯未は木局を成すごときをいう。
解冲
 (かいちゅう)
地支七冲の関係を解くこと。地支七冲の関係があっても、それらのいずれかが、@支合する。A地支三合する。B地支方合する。などはみな、解冲する。
外格
 (がいかく)
内格の対、八字の五行の特殊な形態を用い、用神と定めた格式。@日干の五行をとるもの。A日干以外の五行でとるもの。B日干の五行との関係でとるもの。C化神でとるもの。D命式外でとるもの。などみな、一定の厳格な条件があり、それらを満たして成格した格式。
格局用神
 (かっきょくようじん)
四柱命式を内格と外格に分け、地支三合して局を成したものを局といい、これらを総称して格局とし、体用の二元論に基づき、格に入れば格をもって論じ、局に入れば局をもって論じるという四柱推命学看法の定義により定められた体神に対する用神。

 (しん)
五行または通変星。
官印化格
 (かんいんかかく)
正官格に印綬があり、両者とも健旺である格式。日干の精気は中以上が良いとされている。
官旺地
 (かんおうち)
官に該当する五行の旺じる地、官の五行と同位置五行地支、および大運地支。官郷(かんきょう)ともいい、多くは正官を指す。
官殺 通変星による正官と偏官の総称。
官殺混雑格 正官を用神とし偏官を混じえるか、偏官を用神とし正官を混じえる格式。ただし年柱に混じえる場合はこの格をとらず、また用神に当たらないときも官殺混雑であっても、この格式名は用いない。
官星 通変星の正官と偏官。多くは正官をいう。
干合 十干のうち特定の二種が合体する状態。これには甲と己、乙と庚、丙と辛、丁と壬、戊と癸の五種があり、合体するとそこに特定の気が生じるとされ、この特定の気を化気五行とも化神ともいい、甲己は土、乙庚は金、丙辛は水、丁壬は木、戊癸は火の五種の五行に変化する。天干五行ともいう。
干合運 歳運や大運の干と、命中の因子とが干合の状態に入る運を迎えること。
干頭
 (かんとう)
干支の干。多くは月上を指す。
看命 中和の法則に基づいて四柱命式表、および大運表から人の命運を調べること。またはその方法。

 (き)
偏官の旺勢な象に対し用いられる表現。または身弱で正官が太過する場合を官鬼ともいい、両方とも火との最も忌む象とされる。
喜神
 (きしん)
四柱命式に対し安康の効果をもたらす五行、および通変星。身旺の命には食傷・財官、身弱の命には印・比劫、吉神格はこれを生扶する五行、凶神格は制化する五行、および干など諸種ある。
喜神運 喜神の乗じる運。
忌神
 (きしん)
四柱命式の善美に対し、不利有害をもたらす五行、および通変星、ときには地支。
忌神の旺地 忌神が乗じる五行と同一の大運地支。
癸水の財
 (きすいのざい)
十干の癸が財星になること。
気勢 日干をはじめ他の三干四支のそれぞれが持つ固有の勢い。
吉運 幸運がおとずれる運。財官至上主義からいう吉運は、官職が上進し、禄位が上がり、結果として金銭資財に恵まれる運とするが、一般的には用神の性質(食神格なら食神、印綬格なら印綬の性質や特徴)により成功することで、それぞれの用神の特性で、名を挙げる内容が異なる。
吉神 人間生活に吉効果をもたらすとして定められた因子で、食神・偏財・正財・正官・印綬の五種を言う。
救神 忌神を七殺の関係で制す五行。刑冲や空亡を解き命局に吉効果をもたらす因子。
凶格 通変星による凶神格と、命式が破格し貧賤下格、もしくは遭命と認定された凶命式の二種がある。
凶意 凶作用を及ぼす意。
凶神格
 (きょうじんかく)
通変星による傷官格・偏官格・偏印格の三格式をいう。ときには羊刃格も入れる。七殺全影格や干合支刑格などは入らない。
強旺格 日干の五行に他の三干四支の五行も集中し、十二運の根も全部強く、剋の関係になる五行がひとつもない格式。
夾剋
 (きょうこく)
挟みうちで剋す意、または剋される意。命式内で夾剋になるものと大運に巡り、夾剋になる場合がある。
虚官
 (きょかん)
虚となった官(多くは正官を用い、まれには偏官にも用いる)、印綬や偏印を多く見るか空亡した官。
逆行運
 (ぎゃっこううん)
大運制定法により制定された人の後天運の判別法の一種。順行運の反対。男子で陰年生まれ、女子で陽年生まれはこれに属し、生月の干支を第1運とし、以後六十干支表で逆に表出する。

 (きょく)
四柱の年月日・時の四地支のうち三支が地支三合の法則にかない、三支が団結して一つの形象を造る状態を局といい、これには亥卯未では木局、寅午戌では火局、巳酉丑では金局、申子辰では水局の計四局がある。
局垣
 (きょくえん)
生月に帝旺の五行(地支)があり、三合の法則で地支三合した形態。
帰禄格
 (きろくかく)
四柱命式の生時に十二運の建禄が出る格式。たとえば甲日生まれでは寅刻生まれ、丙日では巳刻生まれは、十二運の建禄が出る。身弱の命式に吉とされ身旺の命はかならずしも吉としない。また他にも建禄が出るのを忌み、帰禄格といわない。雑格の一つ。
棄命格
 (きめいかく)
日干以外の五行に勢力が集中し、日干はその五行に従う格式。ただし印綬ではとらない。
金局 地支の巳酉丑の三支が三合した形態。
空亡
四柱推命学でいう神殺の一種。天中殺ともいう。十干と十二支を組み合わせ、六十干支を造る過程で余分にできる2個ずつの支。干支番号一番から十番までで戌亥があり、同十一番から二十番までで申酉があまりできた支。全部で十二個あり、これに逢うことを落ちるとも称しエネルギーが弱まる。一般的には、エネルギーが弱いと、その持つ意味が弱くなるとか、それに縁が薄いとかにつながると見る。
空破
 (くうは)
@空亡により命中の重要な因子が破剋されること。A空亡と地支相破の合称。
刑冲
 (けいちゅう)
地支三刑と地支七冲の合称。
刑害 地支三刑と地支六害の合称。
月支
 (げっし)
生まれ月の干支の支。二元論でいう日干の体神に対し用神の座とし、主運を司る場所とする。
月支用神
 (げっしようじん)
月支の五行で定められた用神。多くは通変星の名称で呼ぶ。
月支正財格 月支の蔵干の五行が日干から見て正財になった格式。
月上
 (げつじょう)
四柱命式の生月の天干。まれには月支を指す。
月令
 (げつれい)
月支の五行。春夏秋冬の季節の気。
月令を得ない ある干の五行を生月に照らして剋の関係になる五行の生月であること。たとえば甲または乙の干で、申月、酉月、および戌月の秋に生まれると、干の五行は木、生月の五行は金で金剋木になる。したがって甲または乙は生月に対し月令を得ないという。失権、失令ともいう。
月令を得る ある干の五行を生月に照らして同一五行の生月であること。たとえば甲または乙の干で、寅月、卯月、および辰月の春に生まれると、干の五行は木、生月の五行も木である。したがって甲または乙は月令を得るという。当権、司令を得るともいう。
建禄 十二運星第四番目の因子。男子が社会に出て成果を収め、生活の基盤を整える意で、もっとも健強とされる。四旺の一つ。
原命式 人の四柱命式。
孤官
 (こかん)
孤立した官(多くは正官に用い、まれには偏官にも用いる)、生扶される五行や通変星を見ない官。
孤財
 (こざい)
生扶される五行のない財。
孤立 それ一因子だけで他に同一五行がなく、また生扶される五行もないこと。
後天運
 (こうてんうん)
人が誕生後に迎える日々、および年々の運。多く大運を指す。
合化 @合すること、化すこと。A合して化すこと。
剛金 五行の金の旺んなもの、庚を指す。
五行 木火土金水の総称。天地宇宙を創成する五種の元素、もしくは五種の気、これが天の気に表われると十干になり、地の質に表われると十二支になる。
五行具足格
 (ごぎょうぐそくかく)
四柱八字の五行が日干の五行を中心に全部ある格式。
五行周流格
 (ごぎょうしゅうりゅうかく)
五行具足格に同じ。
相手を傷めしいたげる、自分の意に力でしたがわす意。七殺と同じ。
剋意 七殺の剋作用の働き。
剋去
 (こくきょ)
五行の剋の作用を用い、悪い影響をもたらす五行を剋すこと。
剋冲
 (こくちゅう)
十干に対しては七殺の関係、十二支に対しては地支七冲と地支三刑による戦剋の意または戦剋される状態の合称。
剋洩
 (こくえい)
ある種の五行が相手五行とのあいだで剋すか、剋されるか、または洩気する関係。
劫財 通変星第二番目の因子につけられた名称。
(作用)偏印や印綬から生じられる。日干や比肩とは同気異性。食神や傷官を生じる。偏財や正財を剋す。とりわけ正財を強く剋す。偏官や正官から剋される。とりわけ正官から強く剋される。





 Copyright (C) 2014 四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室 All rights reserved.   △トップ