四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室

                                            主宰者 窪田耿(こうがい)
   一問一答集   質疑応答集   実例診断集   質問メール送信
  四柱推命用語辞典 【あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行


参 考 資 料
性質一覧表
相性一覧表
素質一覧表
五行関係表

おすすめサイト

生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い

性格はしぐさ・癖・見た目で一瞬でわかる

人相による結婚相手の選び方

素敵な彼の心をつかんでステキな結婚をしよう

結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座

男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう

モテる男・女の恋愛メールテクニック

男を引き寄せる恋愛指南

しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう




   【は 行】−四柱推命用語辞典

用 語 解    説
破格(はかく) 格式が破れること。格式が破れるには、@刑冲を帯びる。A空亡に落ちる。B勘合する。C忌神を見るなどがあり、一転して下格貧命になる。
半会(はんかい) 帝旺の星を交え地支三合にいたらない二地支だけの関係。これには亥卯・卯未、寅午・午未、巳酉・酉丑、申子・子辰の八組があり、あとの一地支を持って、いつでも地支三合し局を成す構えがある状態。
反剋(はんこく) ある五行がある五行を剋す関係にあっても、剋される五行が多くあると剋す五行が逆に弱まる状態をいう。
比肩
通変星第一番目の因子につけられた名称。(作用)偏印や印綬から生じられる。日干と同気同性、比肩と同気異性。食神や傷官を生じる。偏財や正財を剋す。とりわけ偏財を強く剋す。偏官や正官から剋される。とりわけ偏官から強く剋される。
比肩運 日干の五行から見て比肩になる運。
比助(ひじょ) ある五行と同一の五行があって、その五行を強めること。
貧命(ひんめい) 精神的にも物質的にも恵まれない命式。吉命の対、賤命とは別。
不及(ふきゅう) 五行の力量が衰える状態。これには、@月令を得ない。A通根しない。B生扶される五行がない。C天干に透出しないの四項がある。
焚木の火
 (ふんぼくのひ)
木が多く逆に火が燃えさからない火。
偏印 通変星第九番目の因子につけられた名称。(作用)偏官や正官から生じられる。印綬とは同気異性。日干や比肩、および劫財を生じる。食神や傷官を剋す。とりわけ食神を強く剋す。偏財や正財から剋される。とりわけ偏財から強く剋される。
偏印運 日干の五行から見て偏印になる運。
偏印格 通変星の偏印を用神とする格式。
偏官 四柱推命学でいう通変星(十曜神ともいう)の一種で比肩から数えて七番目に当たる因子につけられた名称。(作用)日干と比肩、および劫財を剋す。とりわけ日干と比肩を強く剋す。食神や傷官から剋される。とりわけ食神から強く剋される。偏財や正財から生じられる。正官とは同気異性。偏印や印綬を生じる。
偏官運 後天運に偏官が訪れる運。
偏印格 偏印を用神とする四柱命式。
偏官の乗じる地支 たとえば甲日で申があり、申の蔵干の庚は日干に対し偏官となる。この場合の申が偏官の乗じる地支という。
偏財 通変星五番目の因子につけられる名称。(作用)食神や傷官から生じられる。正財とは同気異性。偏官や正官を生じる。偏印や印綬を剋す。とりわけ偏印を強く剋す。日干や比肩、および劫財から剋される。とりわけ比肩から強く剋される。
偏財局 地支が三合し局の五行が日干の五行から見て偏財にるもの。
 (ぼ) 十二運星九番目の因子。気分が休し安らぐとされる。四中のひとつ。
(ほう) 方角の方、東西南北。寅卯辰は東方、巳午未は南方、申酉戌は西方、亥子丑は北方。大運の地支。
北方水運
 (ほっぽうすいうん)
大運地支が亥子丑の方になる運。





 Copyright (C) 2014 四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室 All rights reserved.   △トップ