四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室

                                            主宰者 窪田耿(こうがい)
   一問一答集   質疑応答集   実例診断集   質問メール送信
  四柱推命用語辞典 【あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行


参 考 資 料
性質一覧表
相性一覧表
素質一覧表
五行関係表
   【あ 行】−四柱推命用語辞典

用 語 解    説
暗神格
  (あんじんかく)
用神を四柱推命外に求める格式で、暗合官格と暗冲官格の二種あり。
一行気得格
 
(いちぎょうきとくかく)
生月につらなり地支方合するか、地支三合し、日干の五行と同一で、剋の関係になる五行がひとつもない命式。
二元論の陽に対するもの、十干では乙・丁・己・辛・癸がこれに属す。、
通変星の印綬と偏印の総称。多くは印綬を指す。
印綬 通変星十番目の因子につけられた名称。
(作用)偏官や正官から生じられる。偏印と同気異性。日干や比肩、および劫財を生じる。食神や傷官を剋す。とりわけ傷官を強く剋す。偏財や正財から剋される。とりわけ正財から強く剋される。
印綬格 印綬を用神とする格式。
印綬運 日干の五行から見て印綬になる運。
印綬変了 印綬になる地支が局を構成する地支につらなり、他の五行の局に変化すること。
印綬の旺地 印綬や偏印の五行が盛んになる大運地支。多くは印綬を一とし偏印を二とする。たとえば甲日生まれは癸が印綬、壬が偏印になる。よって亥子丑の大運地支はこれら印綬の五行と同一五行になり、印星の旺地とし印綬や偏印が旺じ盛んになるとする。
人の後天的な巡り合わせ、運勢。大運制定法により制定された大運と年々巡り来る歳運の二種があり、多くは大運を指す。
運干通変星 大運や歳運の天干に日干の五行から見てつけられる通変星。
運支 大運の地支、および歳運の地支。
運中期間 その運が支配する期間。大運では普通10年、長ければ60年。歳運では普通1年、長ければ6年。
洩気(えいき) 五行の二者の相生関係で生じる側の気が相手側に流れ移ること。
旺運 五行が旺じ盛んになる運。
旺地 五行が旺じ盛んになる地。干の五行が旺じる四柱命式の地支、および大運の地支。
旺水 旺じて盛んな水の五行。
旺殺 非常に強大になった偏官。
帯びる 逢う、見る、佩帯(はいたい)する。





 Copyright (C) 2014 四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室 All rights reserved.   △トップ