四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室

                                            主宰者 窪田耿(こうがい)
   一問一答集(T) (U)   質疑応答集   実例診断集   質問メール送信
  四柱推命用語辞典 【あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行


   一問一答集(U)  一問一答集(T)



【 回 答 】
特にプロになるのに検定試験等はございません。

ただ、独学で学んで、自信があったとしても、師匠について勉強した人でなければ、プロの中では相手にされません。

それは、たとえ30年独学でマスターしたといっても、趣味程度でしかないと判断されるからです。
独学で学ぶというのは、四柱推命学に対する基本的な哲学がないまま、人の理論の美味しい部分だけをつまみ食いしてい可能性が高いのです。

四柱推命学は一本の太い理論で構築されていますので、人の理論から納得できるものだけをマスターしても、それでは、ひとつの大きな理論体系を学んだことにはならず、継ぎ接ぎだらけの理論にしかなりません。

それでは、他人の運勢などを鑑定できようはずもありません。

話が少しそれましたが、茶道とか華道と一緒で、家元につかず、いくら花を生けるのが得意と言っても、だれも生徒さんを集めることはできないでしょう。それと同じです。

やはり、プロとして生きていくためには、それぞれが主宰する四柱推命学の学理を学び、そこで免許状をいただくのが良いと思います。

私も大乗推命学会の教授と言う免許状をいただいてており、その立場から生徒さんをお教えさせていただいているということです。

現在、大乗推命学会の会長は亀石先生が引退され、福岡の箱嶋先生が会長で引き継がれておりますが、基本的にここで免許状をいただけるのは、3年以上学ぶことが条件になっています。

ただ、免許状もらうためには、金銭的には、30万〜50万円程度はかかるでしょう。





【 回 答 】
方合は「純」であり、三合は「雑」であるといわれており、方合は季節の因子が三個揃うことで、たとえば、寅卯辰と春の季節が三個揃うことによって、純粋な乙一色になることから、方合すれば三個が一体となって乙が強力になると解釈しますが、乙が3個になって強力になるということではありません。

それだけ、方合は混じりっけのない純粋で尊いものですので、三支のうち二支が揃って半合するという論もありません。
あくまで三支が揃わなければ意味がありません。

三合は、たとえば、寅午戌というように、長生、墓、帝旺の三支が揃って丙の勢いが強まると見ますが、「雑」であることから、寅や戌から出た通変星も3割程度は残ると見ます。

このように雑であることから、たとえば寅と午があれば半会するというようなことも起こるのです。



【 回 答 】
羊刃の年は、支合や三合することによって逆に羊刃が動くといって、悪い方向になることがあり、支合をすれば凶が一概に軽くなるとは限りません。

四柱推命学で出た結果については、修正のしようがありませんが、こういう年回りには、できるだけ新規に事を起こさないことが大切です。

ただ、ひとつ注意していただきたいのは、この日柄に生まれた人は、全員同じ内容にになるわけですが、全ての人に凶運が巡ってくるわけではありませんので、誤解のないようにお願いします。

その違いは、やはりその人のこれまで歩んできた生き方が影響するのではないでしょうか。
凶運対策としては、ソフトの結果にもありますので、掲載しておきます。
○結婚を含め新しい人間関係を作らない。
○地位や立場を利用していわれのない利益を受けない。
○過大な欲望にかられ新規なことに手を出さない。 
○自説を突っ張ったり独断専行しない。 
○派手な振る舞いや、転業転職をしない。 
○見通しのないものや無理な計画を立てない。 
○過労や健康管理に心がける。     
○同僚の考えを尊重し、目上の意見に従う。 






 Copyright (C) 2014 四柱推命学の神髄が楽しく学べるネット教室 All rights reserved.   △トップ